トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

特殊清掃

VOL231 孤独死後の保険とは?③

すでに、2020年の年末年始のCMなんかもでてきていますねー
年末年始の予定はお決まりですか?家族とのんびり国内で温泉旅行?友だちと海外旅行も良いですね!暖かいビーチリゾート、定番の沖縄・ハワイ・グアムはもちろん、スペインなど南ヨーロッパも暖かく過ごしやすいそうですよ♪

 

<オーナー向けの保険>

入居者の孤独死のあとに発生する損害額を一定額補償してくれるのが管理会社などのオーナー向けの保険です。たとえば、遺品整理・特殊清掃・孤独死による原状回復費用などにかかった損失費用の一部が軽減されるので、特に高齢者などひとり暮らしが多い賃貸運用をされているオーナーの方は入っておくと安心です。

また、原状回復が完了し次の人が入居するまでには空室期間が必要となり、その間家賃収入はなくなります。また、事故物件の場合はそれを告知する義務があるため、次の人が入りにくくなることも考えられます。そんなときに、値引き期間を設けた場合の家賃などを補償してくれる保険商品や特約がつくもの、その他火災保険などの特約がつくタイプも登場しています。

この保険が今後充実してくると、断りがちな高齢者の入居を受け入れやすくなるオーナーも増えるでしょう。

 

<本人向け保険>

高齢単身者の方で、万が一自分が孤独死をした際に周りに迷惑をかけたくないという思いがある人にニーズがあるのが本人向けの保険です。最近は、終活を積極的に行ったりエンディングノートを残したり、自分がいなくなった後のことを気にする方が多くなりました。

その影響もあり、遺品の生前整理をしたり、ひとり暮らしの方は孤独死に備えるために保険に入ったりする傾向が強くなってきているようです。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL230 孤独死のリスクに備えた保険について②

おはようございます。

秋も深まり、脂がのった魚が釣れる時期になりました!

小さな頃、父に連れられて堤防にサビキ釣りにいったのを思い出します。

エサと氷を買いに釣具屋さんに行ったら、

ついつい目にとまる新しい釣竿、リール、クーラーボックス、折りたたみ椅子、、、

値段はピンキリ、う~ん、悩みますね(>_<)

 

高齢化社会の現在、孤独死が増加し続けています。65歳以上のひとり暮らしの数は、男性が約139万人で約10人にひとり、女性が約341万人で約5人にひとりの割合となっており(平成26年版高齢社会白書より)、もし家の中で倒れてしまっても、そばで気づいてくれる人がいないという状態です。

 

このような環境で万が一亡くなってしまった場合、発見が遅れるケースが多いため、周りが気づいたときには遺体の腐敗がかなり進んでしまっていることも…。孤独死が発見された後、遺族は悲しんでいる間もなく現場の原状回復の義務を負うことになります。

しかし、あとの片づけや諸々の処理を行ってくれる家族がいる高齢者ばかりではありません。親族とは縁が切れてしまった人、身寄りがない人などの場合、困るのはその物件のオーナーです。誰にもあとの処理を依頼することができないケースもあるため、オーナー自身でなんとかするしかないというケースもあるのです。

家賃の滞納などは入居時の保証人に請求することはできますが、原状回復の義務を負わせることは難しいことが多く、かといってオーナーが原状回復をするのはかなりの負担です。専門業者に依頼するにもまとまった費用が必要なため、いざそのような事態が起きたときには、困り果ててしまうでしょう。

孤独死が増加する傾向にともない、最近は孤独死のリスクを負う物件オーナーのための保険や、孤独死をしたときに周りに面倒をかけたくないという本人向けの保険も増えています。このように孤独死のリスクに備えた保険に人気が高まってきていますので、その内容をご紹介しましょう。

 

孤独死の後の清掃は大変

病気や事故などにより孤独死が起きると、そのあとの片づけは想像を絶するほど大変な作業になります。遺体の周りは血液や汚物などで汚れ、床や壁などに奥の方に染み込んでしまうことも…。遺体が腐敗していると今まで嗅いだことのない異臭が広がり、同じ建物の住居人など周囲に大変な迷惑をかけることになります。また、腐敗が進むとウジなどの害虫が湧いてしまい健康を害する原因になることも多いのです。特に夏場は腐敗の進行が早いので、より悲惨な現場となってしまうでしょう。

入浴中に亡くなったケースでは湿気が多いため腐乱が激しく、また水で流すこともできないため原状回復作業はさらに困難をきたします。

問題は原状回復だけではありません。家財などの部屋に残されたものを処分することも必要ですし、家賃が未払いになっている場合は保証人に請求する手間なども必要になります。その他にも、次に入る人がなかなか見つからずに家賃収入が減ってしまうなど、オーナーが抱えるリスクはとても大きいのです。だからこそ、いざというときに補償してくれる保険に加入することで、少しでもそのリスクを減らすことが大切でしょう。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL229 孤独死のリスクに備えた保険について①

おはようございます。9月は3連休が2回ありますね。在宅勤務スタッフのNです。私ごとですが、小さい時から漫画が好きで今でもよく見るのですが、月曜日は週刊少年ジャンプの発売日です。ちなみに、月曜日が祝日の日は、土曜日に発売になりますよ。あっ、全然関係のない話でしたねー

高齢化社会の現在、孤独死が増加し続けています。65歳以上のひとり暮らしの数は、男性が約139万人で約10人にひとり、女性が約341万人で約5人にひとりの割合となっており(平成26年版高齢社会白書より)、もし家の中で倒れてしまっても、そばで気づいてくれる人がいないという状態です。

 

孤独死の後の清掃は大変

病気や事故などにより孤独死が起きると、そのあとの片づけは想像を絶するほど大変な作業になります。遺体の周りは血液や汚物などで汚れ、床や壁などに奥の方に染み込んでしまうことも…。遺体が腐敗していると今まで嗅いだことのない異臭が広がり、同じ建物の住居人など周囲に大変な迷惑をかけることになります。また、腐敗が進むとウジなどの害虫が湧いてしまい健康を害する原因になることも多いのです。特に夏場は腐敗の進行が早いので、より悲惨な現場となってしまうでしょう。

入浴中に亡くなったケースでは湿気が多いため腐乱が激しく、また水で流すこともできないため原状回復作業はさらに困難をきたします。

問題は原状回復だけではありません。家財などの部屋に残されたものを処分することも必要ですし、家賃が未払いになっている場合は保証人に請求する手間なども必要になります。その他にも、次に入る人がなかなか見つからずに家賃収入が減ってしまうなど、オーナーが抱えるリスクはとても大きいのです。だからこそ、いざというときに補償してくれる保険に加入することで、少しでもそのリスクを減らすことが大切でしょう。

 

このような環境で万が一亡くなってしまった場合、発見が遅れるケースが多いため、周りが気づいたときには遺体の腐敗がかなり進んでしまっていることも…。孤独死が発見された後、遺族は悲しんでいる間もなく現場の原状回復の義務を負うことになります。

しかし、あとの片づけや諸々の処理を行ってくれる家族がいる高齢者ばかりではありません。親族とは縁が切れてしまった人、身寄りがない人などの場合、困るのはその物件のオーナーです。誰にもあとの処理を依頼することができないケースもあるため、オーナー自身でなんとかするしかないというケースもあるのです。

家賃の滞納などは入居時の保証人に請求することはできますが、原状回復の義務を負わせることは難しいことが多く、かといってオーナーが原状回復をするのはかなりの負担です。専門業者に依頼するにもまとまった費用が必要なため、いざそのような事態が起きたときには、困り果ててしまうでしょう。

孤独死が増加する傾向にともない、最近は孤独死のリスクを負う物件オーナーのための保険や、孤独死をしたときに周りに面倒をかけたくないという本人向けの保険も増えています。このように孤独死のリスクに備えた保険に人気が高まってきていますので、その内容をご紹介しましょう。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

遺品整理

VOL228 相続を放棄したい場合の遺品整理

おはようございます。お盆休みも終わってほぼ、一ヶ月が過ぎようとしいます。長い夏休みも終わり、みなさんお仕事の調子はいかがでしょうか。私は、少しずつまた仕事へのモチベーションが上がってきているような気がします。

 

故人がなくなり、遺品整理をしたあとで相続を放棄したいというケースもあるでしょう。しかし、遺品整理をしてしまうと、放棄できない可能性があるようです。遺品を処分するということは相続の意思があるとみなされてしまい、プラスの遺産だけでなくマイナスの遺産に対しても権利が生じます。とはいえ、全く何もしないという訳にはいかないという方への手引をご紹介いたします。

 

遺品整理をして相続を放棄できない理由

遺品については簡単に相続できないさまざまな事情を抱えているケースも多く聞かれます。しかし、相続については法律があり一人ひとりの事情に応じて柔軟に対応することは簡単ではありません。

基本的には「相続する(単純認証)か、しない(相続放棄)か」の2択であり、故人の財産である遺品を処分するという行為は相続したと宣言する代表的な行為。「相続財産の全部または一部を処分したとき」は、相続放棄が認められないと定められているので、相続を希望しない方・迷っている方は対策が必要です。

もちろん、相続放棄した人は故人の財産を処分できず、周囲に迷惑をかけることもあるかもしれません。しかし、やり直しは利かないため、一旦遺産の内容を精査するなど冷静に対応することで自分や家族を守りましょう。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

遺品整理

VOL227 遺品整理とその流れに関して

おはようございます。在宅業務スタッフのNです。私の娘は、5歳になるのですが、やはり子供服は、1歳過ぎるとすぐに着れなくなることあります。家にも大量にある気がします。どうしたらいいものかと・・・

 

遺産というと、預金や不動産などプラスなイメージですが、借金などマイナスの遺産もあります。

故人の遺産を分配した後に発覚し、いっきにマイナスになってしまうなんて例もあるので、遺産を受け取る前にしっかりと調査することをおすすめします。また、プラスの遺産は相続するけど、マイナスの遺産は放棄するというのは難しい話。孤独死や自殺の場合は、遺品の処分を急かされるかもしれませんが冷静に対応しましょう。

 

相続放棄したい、けど遺品整理はしたい。

賃貸の場合や、特殊清掃が必要な案件であればできるだけ早く着手したいというのが関係者全員の本音ですね。賃貸の連帯保証人になっている場合は、損害賠償に原状復帰などもあり心穏やかではいられないでしょう。そんな時はできる範囲から遺品を整理することもできます。

生活に使っていた家電や家具など遺品整理といっても、不用品が大半という場合も多いでしょう。市場価値がないものであれば、処分しても相続とは認められませんので、ここから処分を進めていきます。

 

ただし、市場価値がないものとして処分したものの中に、価値があると認められるものが出てくると話は変わってくるため慎重な見極めが必要です。特に債権者がいる場合には注意が必要で、家庭裁判所で裁判になったケースもみられます。そのため通常は大助かりの買取業者ですが、買取可能ということは市場価値を認める行為なので呼ばない、価値がありそうなものを処分しないなど処分に徹しましょう。また、処分費用の領収書もしっかり残しておくことも大切です。

 

弁護士など専門家に相談しましょう

法律は複雑であり、熟知していないと思わぬ落とし穴にはまってしまいます。特に、複雑な事情がある場合は市役所や弁護士など専門家の手を借りる方が安全です。専門家の心当たりがない、という方はご紹介もできますので当社までご相談ください。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。