トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 未分類

未分類

未分類

VOL273 仙台市太白区遺品整理ご依頼ありがとうございました。

おはようございます。

在宅勤務のNです。冬は、以外に火事が多いのをご存知ですか。

温まりたいという気持ちがどこか違うところに行ってしまうのか。火の元がタバコとかってよくあったような気がしますす。最近でもニュースで火事が半月一回ほど報道されたりするので、やはり注意が必要ですね。

私も気をつけたいと思います。

 

仙台市太白区遺品整理・特殊清掃 ご依頼ありがとうございました。

本日は遺品整理のお手伝いを承りました。

遺族の方から一番多く、ご連絡いただくのが、
「大量のごみだけで売れる物はありません…。」
「トラック何台分もあります…。」
「急に電話して大丈夫なのかと?」
とても心配してお電話するお客様もおりますが、遺品整理は急なことなので、急で当たり前のことです。いたって普通の事なので、困った時ほど専門業者にお気軽にご相談下さい。
日曜、祝祭日、土曜日、深夜早朝でも365日ご予約、受付の対応しております。遺品の仕分け、処分など責任を持って対応いたします。

 故人様の大切な思い出を一番に考え、まごころ込めてお手伝いいたします。
「秘密厳守」「迅速対応」「丁寧処理」を社員全員で実行し、ご満足いただけるサービスを実行いたします。
遺品整理の後で、ご遺族様の気持ちが少しでも楽になって、 次のステップを踏み出してもらえるように社員一同精一杯取り組んで参ります。


作業の一部はYouTube動画でご覧出来ます。

本日はご依頼を頂きまして有難うございました。

 

<BEFORE>

写真 2019-12-06 6 59 07

 

<AFTER>

写真 2019-12-06 6 59 10

<BEFORE>

写真 2019-12-06 6 59 13

<AFTER>

写真 2019-12-06 6 59 16

 

<動画公開中>

https://www.youtube.com/watch?v=JKUD635G9-U&feature=youtu.be

実績を実際にご確認したい方はぜひご確認よろしくお願い申し上げます。

あっ、チャンネル登録もよろしくお願いします!!

グッド!ボタンもよろしくお願いします!!

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。


 

未分類

VOL266 孤立死、孤独死に関して

早いもので一年が終わるまで、一カ月になろうとしております。営業のGです。最近はどこでも人手不足だと聞きます。運送業、介護業、などやはり「きつい」イメージのある体力仕事は皆、人手不足は露出が多いような気がします。とかく、私たちも同じです。皆さんのお力があればお借りしたいと考えております。

 

昨今、孤立死・孤独死などの数は年々増加しており、年間3万人とも推測されています。年配の方のみならず、健康面に問題が起きやすい40代、また社会から孤立する20代も他人事ではないのです。そこで、今を生きる私たちが、自分で自分がそうならないために出来ることを上げてみました。

 

【自分で出来る孤独死対策】

 

○家族と連絡をまめに取る。(誰でも良い。)

○生前整理、老前整理をする。

○ご近所の方と関わる。

 

○かかりつけ医をつくる。

○孤独死保障の保険に加入する。

○死後事務委任契約を行う。

○エンディングノートを作成する。

○携帯電話の使用頻度をチェックして知らせてくれるアプリを登録する。

○セコムや東京ガスなどの見守りサービスを利用する。

○新聞や牛乳の配達員が高齢者の自宅に届ける際に安否確認をしてもらう。

などが上げられますが、まず第一に考えなければいけないのは、人との接点を持つというこどが大事なのかもしれません。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

未分類

VOL265 不用品処分のコツと業者の選び方

おはようございます。チーフYです。寒い日が続いているこの頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私はなんだか毎日がとても忙しく、バタバタしているような気がします。

年末まで続きそうなので体調に気を付けて頑張りたいと思います。皆さんのインフルエンザが徐々に来ているようなので対策等気を付けてください。

 

オフィスや事務所の移転、リフォームや引越しには不用品や粗大ゴミが付きもの。大量に発生し処分困っているという声も聞かれます。もちろん、自分で処分することもできますが、便利なのは不用品回収業者でしょう。とはいえ、不用品処分の業者選びにはちょっとしたコツが必要であり、ここを間違えると大きなトラブルとなる可能性も考えられます。そこでここでは、不用品処分だけでなく業者選びのコツについてお伝えしていきます。

 

捨てる意識が大事

ものを捨てるというのは勇気がいるものです。家電など高額なものは特に、「いつか使うのではないか?」「今捨てたら、また購入しなければならない」「購入時は高額だった」と持ち続けてしまうもの。ですが、そのまますべて手元に置いておくことはできません。迷ったら、

 

■現在、使っているものは捨てない

■使うことが確実なものは 捨てない

■いつか使うだろうけど2年程使っていないものは捨てる

■そのうち役に立つだろう2年程しまいこんでるものは捨てる

 

という基準で処分してみませんか?いつかは、持っていていいものと処分すべきものに分けなければならないのです。普段からその意識を持ちながら備品などを確認しておくと、移転やリフォーム時にも慌てることは少なくなります。「いつか使うと思っている」けど「今役に立っていない」ものは手放し、整理して「今使っているもの」だけを厳選しましょう。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

未分類

VOL256 大型寝具を処分する方法

おはようございます。在宅勤務のNです。ついに11月になりましたね。今年もあと残り2カ月です。今年は、元号が新しくなり令和となりました。昭和の最後に生まれ、平成を生きてきた私にとっては、どんな時代を過ごすことになるのか、期待と不安が入り混じっている毎日を過ごしています。

マットレスは長年使い続ける人が多い寝具なので、引っ越しや模様替えは数少ない買い替え時のチャンスです。お子様がいる家庭であればベッドやマットレスは成長と共に買い替える必要がでてきます。買い替えた後の古いマットレスやベッドはどのように処分すればよいのでしょうか。ここでは「粗大ごみとして処分」、「リサイクル業者に買い取ってもらう」、「不用品回収業者に依頼する」これら3つの処分方法について詳しく説明していきます。

 

ベッドやマットレスは自治体の行っている回収サービスでも粗大ごみとして処分できます。

 

ですが、自治体に回収してもらうためには、事前の申込と粗大ごみ処理券が必要になります。申込方法や処理券の料金などは自治体によってまちまちなので、これらの情報はお住いの自治体のホームページ等で確認してください。なお、処理券の料金は処分する粗大ごみの大きさによっても変動します。自治体に申込をする前に、ベッドやマットレスの大きさを測っておきましょう。

 

また、自治体が運営するごみ処理場へ粗大ごみを直接持ち込んで処分するという方法もあります。こちらも事前予約が必要になりますが、自己搬入ならば粗大ごみ処理券を購入するよりも安い値段でごみを引き取ってもらえます。

未分類

VOL255 社会貢献で寄付を考える

おはようございます。在宅勤務のNです。私は大学の4年間で、3回ほどタイにワークキャンプに参加しております。実際には、楽しいこともつらいこともありました。(どちらかというと楽しいことの方が多かったような気もしますが・・・じゃなきゃ3回もいかないですね。)その時も、自分自身では社会貢献って何だろう。何が自分にはできるのだろうと考えることがたくさんありました。今回はそんなおはなしです。

 

自宅にもう使わない品々がたくさんある場合、選択肢としては廃棄してしまうか、不用品回収業者に引き取ってもらう、などがあります。もう1つの選択肢として、寄付することもできます。自分にとってはもう不要でも、どこかの誰かが必要としているかもしれません。しかし、団体によって寄付を受け付けている品物が違ったり、条件があったりします。どういったものであれば寄付できるのか、迷惑にならないよう発送する前にきちんと確認しておきましょう。

 

また、リコーダーやギターなどの楽器類、野球のグローブやサッカーボールなどスポーツ用品は発展途上国では高価なので、需要があります。通学に必要な文房具やカバン、リュックサックなども重宝されます。企業名や個人名が入っているものであっても、外国に寄付する場合には使用するのに支障がないので問題がない場合が多いです。ですが、ブランド物であったり、高価な品だとかえって敬遠されることもありますので、送る前に必ず確認をしてから送りましょう。

 

国内の団体であれば、缶詰やインスタントラーメンのように消費期限が長い食品を受け付けている団体もあります。