トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 片付け

片付け

片付け

VOL476 必要なくなったパソコンってどう処分する?

おはようございます。

 

コラム担当のKです。今日は猛吹雪と大雪になり、冬が戻ってくると言われていますね。皆さんも体調には気をつけてください。

 

パソコンは気軽に捨てることができない?

 

今から10年以上前であれば、指定された曜日にゴミ捨て場に置いておくだけでパソコンを捨てることができたのですが、現在ではそうはいきません。資源有効利用促進法に基づいてメーカーが回収するよう義務付けられているため、そのままゴミとして捨ててはいけない決まりになっているのです。間違った廃棄や処分の仕方をしてしまうと法令違反になる可能性すらありますので注意が必要です。

 

簡単に説明してしまうと『パソコンはたとえ壊れて動かない状態でも単なるゴミではないので、しっかりリサイクルしましょう』ということです。

 

見知らぬ山にパソコンを捨てるような不法投棄を考えている人は少ないでしょう。しかしながら、ゴミ袋に入れてそのままゴミ捨て場に捨ててしまおうと考えていた方は多いのではないでしょうか。

 

パソコンを廃棄、処分するための方法はいくつかに分かれていますので、適切な方法を選択しなくてはなりません。

パソコンを捨てるのにお金が掛かる?PCリサイクルマークとは

パソコンを廃棄、処分するためにまず確認する必要があるのがPCリサイクルマークの有無です。PCリサイクルマークは2003年10月以降に販売されたパソコンのディスプレイや本体に貼り付けられています。

 

このPCリサイクルマークが張り付けられているパソコンは廃棄に料金がかかりません。一方、PCリサイクルマークが張り付けられていない2003年10月以前に販売されたパソコンは廃棄にリサイクル料金が発生します。

 

PCリサイクルマークの無いパソコンの場合、その廃棄するためのリサイクル料金はおよそ3,000円から4,000円になります。パソコンの種類によりリサイクル料金は変動しブラウン管ディスプレイなど大きいものは高くなります。

 

ブラウン管型ディスプレイとデスクトップ本体を同時に処分するケースでは、リサイクル料料金がそれぞれ発生し7,000円前後となることもあるでしょう。決して少ない金額とは言えない金額ですよね。

 

PCリサイクルマークのあるパソコンは、購入時にこのリサイクル料金を事前に支払っていることを示したマークです。そのためこのPCリサイクルマークの有無によって廃棄する際にリサイクル料金の支払いが必要かどうかが変わってくるのです。

 

リサイクル料金をいつ支払うかどうかの違いとは言え、廃棄する際にかかるとその費用がもったいなく感じてしまうものです。またリサイクル料金が発生することを知らずにいて、トラブルになってしまうこともありますのでしっかりとPCリサイクルマークについて確認しておきましょう。

パソコンを処分するための方法5選

パソコンをそのままゴミ捨て場に捨ててしまうことが出来ないということを説明してきましたが、では実際にどのように処分を行う必要があるのかみていきましょう。

 

・メーカーに回収を依頼する

最もポピュラーなのがパソコンメーカーに回収を依頼するという方法です。PCリサイクルマークのあるパソコンの場合には破棄費用を購入時に支払っていることになりますので、無料で回収してもらうことができます。

 

・回収ボックスを利用する

自治体や家電量販店で不要パソコンの引き取りを行っていることがあります。これは小型家電リサイクル法によって行われているものですので、小型家電リサイクルについての専門サイトで各市町村どこに回収ボックスがあるのか調べることができます。すべての自治体や家電量販店で回収してくれるわけではないため事前に確認する必要があります。

 

・回収業者へ依頼

不要になったパソコンの回収業者へ依頼するというものです。パソコンの処分のプロですので、処分方法に間違いがないか不安な方におすすめできる方法です。無料で回収を行っている業者もあれば手数料が必要となる回収業者もあります。そのため業者選びは慎重に行いましょう。

 

・リサイクルショップに買取依頼を行う

リサイクルショップに買取依頼を行う方法です。業者に依頼するためデータの消去など安心することができる方法となります。現金を手に入れることができる可能性もあり、お得にパソコンを処分できます。ただし破損がある場合などでは買取を行って貰うことができないケースもありますので注意が必要です。

 

・オークションサイトで売却する

オークションサイトでパソコンを売却してしまう方法です。1番高値での取り引きが期待できますがパソコンの初期化などデータの消去をしっかりと個人で行う必要があります。購入者がデータを処分する約束のもと売却してしまう方もいますが、個人情報流出に繋がりますので自分自身でデータの消去を行うことができることが利用の条件と言えるでしょう。

 

パソコン内部のデータ消去の注意点

このようにパソコンを処分する方法はいくつかありますが、廃棄・処分方法だけではなくパソコンの内部には多くの個人情報が詰まっていることを意識することが大切です。

 

パソコンのデータを消去するには以下のような方法があります。

・データ消去ソフトを使用

・磁気破壊

・物理破壊

しかし、どれも専門知識や専用機器が必要となり、個人で行うにはハードルが高くなります。

 

個人でパソコンのデータを消去するには、データを移行したり、ごみ箱から消したりすることが多いかもしれませんが、それだけでは、パソコン内のデータを完全に消去したことにはなりません。一見データが消えたように見える状態であっても、データ復元ツールを利用されると、削除したように思えたはずのデータが復元されてしまうことも珍しくありません。

 

パソコンの中に写真や重要な情報を保存していないから安心と思っている方も多いでしょう。しかしパソコンの使用履歴の中には、様々な情報が隠されていますので購入履歴からクレジットカード情報が流出してしまう可能性もゼロではないのです。

 

すぐにでも捨ててしまいたいという方にはメーカーや回収業者へ依頼するのがよいでしょう。ただし、少し発送や集荷の手配が必要です…。

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

片付け

VOL475 ゴミ屋敷を作ってしまう病気

おはようございます。

 

コラム担当のKです。今日は珍しくゆっくり起きることができました。年明けからバタバタと仕事が入ってきたこともあり、毎日が早起きでしたが、昨日もぐっすり眠れている感じです。

 

ゴミ屋敷を作ってしまう人の心理は様々です。中には、周囲の人から気づかれないものの、心に病を抱えている方もいらっしゃいます。怖いのは、ゴミ屋敷を作ってしまうこうした病気は、誰でもなる可能性があるということです。「ゴミ屋敷の人の心理がわからない」と思っていると、明日は我が身かもしれません。今回は、ゴミ屋敷を作ってしまう人が抱えることの多い病気についてご紹介します。

うつ病、統合失調症

今や日本人の国民病とも言われるうつ病。そして100人に1人がかかると言われる統合失調症。うつ病の症状は人によって異なりますが、気分が落ち込み、何も感じなくなる(無感情になる)と言った傾向があります。無気力や無関心になってしまった結果、ゴミを捨てることが面倒になり、ゴミ屋敷を作ってしまうことがあるかもしれません。
また、統合失調症は人間の社会的な場面での機能が低下し、幻覚や妄想を生む病気として知られています。
うつや統合失調症の場合、本人を責めずに病院に連れて行くなどサポートを行いましょう。

認知症

日本の高齢者の7人に1人が抱えていると言われる認知症は、ゴミ屋敷を作ってしまう原因の一つとなる恐れがあります。認知症の症状は多岐にわたりますが、つい先程まで行っていた行動を忘れてしまい、現実が認識できなくなるという傾向があります。ゴミを捨てずに放置し、それが溜まりに溜まった結果ゴミ屋敷につながることがあります。
認知症は早期治療で進行を遅らせることができ、生活管理から改善を見込めることもあります。認知症かなと思ったら、まずは周りが病院に連れて行き、適切な治療を受けること、そして日々の生活をサポートしてあげることが大切です。

ADHD(注意欠陥、多動性障害)

日本の小児に見られるADHDも、ゴミ屋敷を作ってしまう病気の一つの可能性があります。ADHDは、注意欠陥、多動性障害とも呼ばれており、気が散りやすい、じっとしていられない、片付けられないといった症状が見られます。
成長してからも、仕事でのケアレスミスが多かったり、思ったことをすぐに口にしてしまったりして、うまく生活ができなくなってしまうことも。特に、片付けるのが苦手という特徴が、ゴミ屋敷作りにつながることがあるようです。

強迫性障害(OCD)

周囲が「ここまでしなくてもいいのに……」と思うほど、何かに固執したり、何らかの行動を繰り返す方が身近にいらっしゃいませんか? もしかすると、それは強迫性障害かもしれません。強迫性障害の症状は人によって様々ですが、日常生活に支障をきたすほど、不安やこだわりを持つこともあります。
中には物を集めすぎるという方も多く、縁起物や自分がほしいと思ったものを、どんどん家の中に集めてしまった結果、ゴミ屋敷になってしまったという方もいらっしゃいます。

ゴミ屋敷につながる病気のほとんどが、ご自身では認識できない病であることもあります。もし親族や友人にこうした傾向を持つ方を見かけたら、病院に行くきっかけを与えることが大切かもしれません。また、通院中もしっかりサポートし、ゴミを溜めない生活を心がけることが重要です。

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

片付け

VOL470 家をゴミ屋敷化させないために・・・

おはようございます。

社会問題化するゴミ屋敷問題がありますが、今回はそんなことについてお伝えできればと思います。

ゴミ屋敷化させないための心がけ

心がけ01

必要以上の物を買わない・持たない

必要な時に必要な物を“必要な数だけ”持つように心がけましょう。安売りしているからといって、必要でない物(いつか使うかもしれない物)を買ったり、何年も着ていない洋服などを処分せずに溜めこんだりしないように気をつけましょう。

心がけ02

定期的に来客があるようにする

部屋を片付けるきっかけとして、住人以外の誰かを家に招くことは大変有効です。片付けに対するモチベーションが上がるだけでなく、生活している環境を客観的に見つめ直すきっかけにもなります。

心がけ01

業者に依頼する

忙しくて片付けをする時間が設けられない場合、定期的に業者のハウスクリーニングを依頼することで、家がゴミ屋敷化するのを予防できます。また、既に物を溜めこんでしまい自分では片付けるのが難しい場合も、思い切って業者に依頼してください。鹿児島市の施設で受け入れられない家電リサイクル法対商品や古タイヤ、バッテリーなどの回収が可能です。

家がゴミ屋敷化する前に対策するのはもちろん、ゴミ屋敷化した場合の対策はとても大切です。そのために他人の力を借りるのは、決して恥ずかしいことではありません。宮城県内でゴミ屋敷の片付け依頼をご検討中でしたら、トリプルクリーンサービスにお任せください。明確で安心な定額料金がご好評をいただいています

(※小動物・猫などの死骸がある際は別途料金が必要)。

個人だけでなく法人のお客様からのご依頼もお受けいたします。

実績を実際にご確認したい方はぜひご確認よろしくお願い申し上げます。

あっ、チャンネル登録もよろしくお願いします!!

グッド!ボタンもよろしくお願いします!!

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。


 

片付け

VOL458 不用品回収業者の選び方やメリット・デメリット

おはようございます。

今日も、片付けや、不用品の買取など、スタッフ全員が頑張って動いています!!

 

不用品回収業者の選び方やメリット・デメリット

 

大抵のゴミ、不用品は自治体の回収サービスで処分可能です。しかし、自治体のサービスは、一部のものは承っていない、自分のタイミングで処分できないといった欠点があります。一方、不用品回収業者であれば、好きな時に処分ができ、自治体が処分できないようなものも引き受けてくれます。

今回の記事では、不用品回収業者をメリット、デメリット、業者の選び方などをご紹介します。

不用品回収業者はどんな時に利用すればよい?

不用品回収業者は家の中にある不用品を回収してくれるサービスを提供しています。通常、ゴミを処分するとなると、自治体のルールに従って分別をして、指定の場所まで運ぶ必要があります。不用品の数が少なく、軽いものだけであれば、その作業は大して苦ではないですが、物が多い場合、一人では持ちきれないような重たい物がある場合は、かなりの重労働になります。そのような時は不用品回収業者に任せてしまうのがよいです。
不用品回収業者であれば、ゴミの分別や重い物を運ぶ必要がなく、楽に家の中にある不用品を処分できます。
不用品業者が必要になるケースは、何も家の中を掃除するだけとは限りません。引っ越しで家具、家電を処分するとき、実家にある遺品を処分するとき、ゴミ屋敷になって自力ではどうすることもできなくなったときなど、さまざまなシチュエーションで活用できます。

不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者には自治体の回収サービスにはないメリットがたくさんあります。以下では、不用品回収業者の代表的なメリット3つを紹介します。

ゴミ回収の日を待たなくてもよい

不用品回収業者では、依頼したその日に回収してくれることもあるので、すぐに処分したいときに便利です。
自治体のゴミ回収サービスの場合、ゴミの種類によって回収日が決まっています。そのため、自分の好きなタイミングで処分することはできません。
今すぐ引っ越さなければならないときや、仕事が忙しく指定した日にゴミが出せないといったこともあるでしょう。自治体の回収を待っていたら、いつまで経ってもゴミの処分が行えない可能性もありますが、不用品回収業者であればそのような心配はいりません。

ゴミを買い取ってくれることもある

不用品回収業者は、たとえ不用品であっても価値のある品であれば、買い取ってくれることもあります。ゴミを処分してくれるだけでなく、お金も貰えることもあるので、とてもお得です。
自治体が回収する場合は、どんなに高級な品であっても不用品として預かったものは処分され、買い取られることはありません。そのため、捨てるものによっては、自治体で処分する方が損になることもあります。
不用品回収業者以外にもフリマアプリやネットオークションなど、家にある不用品を回収してくれるサービスはあります。しかし、フリマサイトやネットオークションでは、梱包や配送手続きなどをすべて自分で行わなければなりません。加えて、売れるという保証もありません。その点、不用品回収業者は面倒な手続きが一切なく、確実に引き取ってくれるのでお手軽です。

自治体が回収していない物も処分できる

不用品回収業者は、自治体の回収サービスでは処分できないようなものにも対応してくれます。
自治体が処分できないものの代表例は、リサイクルの対象となっている家電などです。リサイクル対象品は、基本的に家電量販店などが下取りを行って処分します。
不用品回収業者は、リサイクル対象品の回収も行っています。どのように処分すれば分からないというものは、とりあえず不用品回収業者に依頼してみるとよいでしょう。

不用品回収業者のデメリット

不用品回収業者にももちろんデメリットはあります。以下ではよく挙げられるデメリットを2つご紹介します。

依頼するのにお金がかかる

不用品回収業者に処分を依頼するのは有料です。そのため、不用品が小さく、処分もそれほど大変でない場合は、自治体に処分を任せた方がお得です。
不用品の処分にお金をかけたくないという方は、不用品回収業者に任せるのではなく、自力で全てを処分しましょう。

悪質業者に遭遇するリスクがある

残念ながら、不用品回収業者の中には悪質な業者もいます。悪質な業者は、無許可で営業していることが多いです。そのような業者を利用するとトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、気を付けましょう。

 

そこで、本日は遺品整理について調べている方に、

遺品整理について理解を深めて頂くために、

遺品整理業者である弊社の知識と、

遺品整理に関する本や、ネットの情報をまとめて記事を作成いたしました。

是非、遺品整理でお悩みの方は、参考にしてみてください。

実績を実際にご確認したい方はぜひご確認よろしくお願い申し上げます。

あっ、チャンネル登録もよろしくお願いします!!

グッド!ボタンもよろしくお願いします!!

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。


 

片付け

VOL456 安かろう悪かろうの真実

おはようございます。

最近は、引越しや、自宅での仕事など需要が変わり、少しずつ仕事が増えているような実感がします。

今日は少しお話を

【遺品整理とは何か?】自分で行う場合は?タイミングは?業者の選び方までを解説

最近、テレビ番組などで、遺品整理の会社がよく取り上げられるようになってきました。

 

少子高齢化の日本にとっては、

今後も遺品整理というキーワードは、

よく目にするものになっていくと思われます。

 

1.遺品整理の定義とは?

 

まず、遺品整理の「遺品」という言葉の定義ですが、

これは、亡くなった方が生前使用していた物品全般の事を指します。

 

具体的には、生活用品、家具家電、衣類、趣味趣向品、雑貨など、

多くの種類に分別出来ます。

 

遺族が亡くなった時に、よくかわされる言葉に、

「形見分け」という言葉がありますが、

この形見分けは、遺品を遺族で分け合う事です。

 

そういった遺品を扱って、

整理する仕事の事を遺品整理と定義されると考えられます。

 

 

2.遺品整理はいつするのか?

 

遺品整理を行うタイミングに特に決まりはございません。

 

基本的にはお葬式が終わり、役所への手続きや、

相続等の手続きを行うタイミングで、

同時進行で行う方が多いように見られます。

 

ただ、ご遺族の方は、故人の遺品に思い入れもある事でしょうから、

気持ちの整理がついていない状態で、遺品整理をするのはつらい事です。

 

なので、これは私の意見ですが、遺品整理を行うタイミングは、

ご遺族の方の気持ちの整理がついてからというのが一番かと思います。

 

 

3.遺品整理を先延ばしする事によるリスク


ただ、そうはいっても、

遺品整理を先延ばしにする事で、

現実的にリスクは発生します。

 

考えられるリスクとしては、

 

・住まなくなった持ち家を放置する事で、固定資産税や場所によっては都市計画税がかかり続ける。

・家の家財を長い間放置する事で、高値で売れた遺品の価値が下がっていく。

・空き家を放置する事で、火事や、建物倒壊といったリスクを背負う事になる。

 

こういった現実的な問題と、気持ちの上での整理を天秤にかけて、

行うタイミングをご遺族の方が決めていくのが良いと思われます。

 

 

4.すぐに遺品整理をしなければいけないケース

 

すぐに遺品整理をしなければいけないケースももちろんあります。

 

代表的な事例としては、下記のケースがあります。

 

・生前借家に住まれていた方の遺品整理

・お部屋で孤立死(孤独死)をされた方の遺品整理

 

 

・生前借家に住まれていた方の遺品整理

 

こちらは、速やかに家財撤去を行わないと、毎月家賃が発生してしまい、

ご遺族の方の経済状況に悪影響を与えてしまいます。

 

また、大家さんの都合によっては、「いついつまでに退去をしてください」

という形でご遺族の方が退去作業をしなければいけない場合もあります。

 

そういった場合は、すぐに遺品整理にとりかかる必要があります。

 

その場合、必要な遺品と不必要な遺品に分別して、

必要な遺品だけを一時的に別の場所に移して、

ゆっくり思い出を振り返りながら、

整理していくのが良いと思います。

 

また、不必要な遺品は、

市のゴミ回収や、粗大ごみに出したり、

適正な回収業者、遺品整理の業者に依頼して回収してもらうのが良いと思います。

 

 

・お部屋で孤立死(孤独死)をされた方の遺品整理

 

お部屋で亡くなった方の場合は、

死後、発見まで時間がかかっていればいるほど、

腐敗が進み、お部屋の状況は酷くなってしまいます。

 

この場合早く、処理を行わないと建物の損傷が激しくなったり、

近所からのクレームを受けてしまう事になります。

 

こういった孤立死のあった部屋の片づけや清掃、

消毒を行う事を特殊清掃と呼びます。

 

この特殊清掃に関しては、

素人ではなかなかできないので、

信頼のできる遺品整理業者を選んで速やかに行うのが良いと思います。

 

 

5.遺品整理を自分で行う場合

 

遺品整理をご自身で行う場合にオススメの手順をお話します。

 

・用意するもの

まず、備品として用意するものは下記のとおりです。

 

ダンボール

ゴミ袋

ガムテープ

養生テープ

工具(ドライバー、六角など)

ゴム手袋(引っ越し業者さんが使っているようなもの)

 

 

上記の備品があれば、大体ものものは分別できます。

 

これで、再利用可能なものや、リサイクルできるもの、

また、ゴミになるものや、運搬で別の場所に運ぶものに仕分けをしていきます。

 

また、物が多い場合や、大型家電、家具がある場合、

適正な場所に運ぶ必要があるので、

出来ればレンタカーのトラックを用意しましょう。

 

レンタカーは長く借りると必要がかさむので、

初めに仕分けを終わらせて、レンタカーを使っての作業は

1日で終わらせられるように段取りを組んで行うと良いです。

 

 

6.遺品整理で出るゴミや不用品はどうすればいい?

 

 

遺品整理で出る大量の不用品やゴミ。

 

それらをご自身で処分していく方法としては、

まず、不用品の中でリユース、リサイクルできるものは、

リサイクルショップなどの買取のお店へ持っていく事です。

 

そして、処分するしかない不用品に関しては、

その市町村毎に定められたゴミの分別方法に従って分別を行い、

ゴミの日を守って、ゴミを出していきます。

 

粗大ごみに関しては、お近くの市役所に行って、

その市町村の役所毎に定められた、粗大ごみを出すルールに従って、

粗大ごみを出します。

 

そのほかにも、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなどは、

家電リサイクル法に基づいて処理をしなければいけないので、

家電リサイクル対応の家電量販店に持ち込みをするか、

郵便局でリサイクル料金を支払い、

ご自身で、家電リサイクル受付のリサイクルセンターに持ち込みをします。

 

持ち込みには大体、予約が必要なので、

アポなしでいく事は辞めたほうが良いでしょう。

 

そこで、本日は遺品整理について調べている方に、

遺品整理について理解を深めて頂くために、

遺品整理業者である弊社の知識と、

遺品整理に関する本や、ネットの情報をまとめて記事を作成いたしました。

是非、遺品整理でお悩みの方は、参考にしてみてください。

実績を実際にご確認したい方はぜひご確認よろしくお願い申し上げます。

あっ、チャンネル登録もよろしくお願いします!!

グッド!ボタンもよろしくお願いします!!

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。