トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 片付け

片付け

片付け

VOL287 「リサイクル」と「片付け」を同時に済ませる

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

早速ですが、ゴミの片付けは済ませていますよね・・・今日はそんなお話です。

 

■はじめに

お部屋の掃除や整理をした際には、色々な不用品が出てきます。その処分方法には様々なものがありますが、不用品回収に依頼してリサイクルするという手間のかからない処分方法があります。片付けをした際に出てきた粗大ごみの処理にお困りの方に、片付けとリサイクルを同時に行うことができる不用品回収を頼むメリットについてご説明します。

 

 

 

■不用品回収は手間がかかりません

不用品回収業者に依頼するのは非常に手間がかからない方法です。不用品を市の粗大ごみなどで回収する場合には、市が発行している粗大ごみ回収シールなどを事前に購入し、申し込みをする必要があります。また、回収日が決まっている場合も多く、なかなか自分の考えているスケジュールで捨てる事ができないのが現実です。

 

もちろん、その回収日に都合が合わない場合は自分でゴミ処理施設まで粗大ごみを持ち込まなくてはなりません。そうなってくると、品物によっては軽トラックなどをレンタルしたりしなくてはいけませんし、力仕事となるので、高齢者や女性には大変な作業となるでしょう。

 

一方で、リサイクルをする場合は、不用品回収業者に電話一本すれば自宅まで直接引き取りに来てくれます。細かい時間などもこちらの都合に合わせる事ができるので、忙しい方でも手間をかけずに行えるので、無駄な時間と労力を使いません。捨てたい粗大ごみがあるけれど、自治体のサービスを利用するのは面倒だと感じている方に、不用品回収はおすすめです。

 

 

 

■環境保護にも役立ちます

環境問題について興味はあるものの、何から行動していいのか分からないと言う方はまずリサイクルから始めてみてはいかがでしょうか。資源を発掘する際には環境は大きく破壊されてしまいますし、もちろん資源には限りがあります。不用品をリサイクルすると言うのは一番身近で簡単にできる環境保護活動でもあるのです。

 

粗大ごみそのものは壊れていて使えなくても、部品などを分解すればまだまだ使える物は多くあると言う場合がありますので、そのまま捨ててしまうのではなく、リサイクル業者に引き取ってもらえば無駄なく全てを使い切る事ができるのです。最近よく聞かれるようになったレアメタルという資源も、捨ててしまう不用品から効率良く回収する事で、資源や環境を守ると言う考え方が主流となっています。

 

不用品の片づけをリサイクル回収業者に頼むのは、処分する自分にとってもメリットがあり、自然環境にも配慮されたとても効率の良い優しい処分方法ではないでしょうか。

 

 

 

■どうして不用品回収業者が良いのか

リサイクルショップなどに不用品を持ち込んでも、全て買い取ってくれると言う訳ではありません。リサイクルショップは、買い取った不用品をまた販売するのが目的なので、故障をしていたり、古かったりする場合などは買い取りを断られてしまう事があります。

 

せっかくリサイクルショップで買い取ってくれると思っていたものが買い取り不可となっては無駄足になってしまいますので、明らかに故障個所がある物などは回収業者に頼むのがベストと言えるでしょう。リユース・リサイクルが難しい品物以外は比較的ほとんどのものが回収されます。

 

またリサイクルショップや自治体のサービスを利用して処分する場合は、自分で運搬するなどの手間が発生します。不用品回収業者を利用すれば、その手間がかかりません。依頼した回収業者が建物を傷つけないように養生して運搬をしてくれるので、大きな荷物でも安心して依頼することができます。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

片付け

VOL286 【はじめての不用品回収】不用品回収で何ができる?

おはようございます。いよいよ大晦日ですね。

 

今年は、みなさん何のTVを見ますか。

紅白歌合戦ですか?ガキ使ですか?それとも格闘技ですか?

私はおそらく、今でもパソコンに向かって仕事をしている可能性があります。

みなさんも良いお年を・・・・・・・・

 

 

1.粗大ごみに出せないものもお任せ!不用品回収のメリット

不用品回収のメリットとして筆頭に上がるのが、業者に依頼してしまえば大抵のものは処分してもらうことができる点です。引っ越しや遺品整理などで処分したいものがたくさんあるときには大型のごみが出ることはよくあります。しかし、各自治体の定めに従って処分を行わなければならないことから処分に困ってしまうことも少なくありません。リサイクル対象になっているテレビやエアコン、特殊な部材・素材で作られている製品、消火器やタイヤなどの粗大ごみに出せないようなものであったとしても基本的に処分することができます。また、粗大ごみとして出す場合には自分の予定通りの日に処分することができないのが基本です。しかし、不用品回収の場合には業者と相談して自分の都合の良い日時に来てもらうことができます。

 

 

 

2.不用品回収できる品目・種類

不用品回収で扱ってもらうことができる品目や種類については業者によって多少の差はありますが、ここに対象外品目を定めているのが一般的です。代表的なのが生ゴミや食品、土や砂、汚物などであり、液体類も対象外としている業者が多くなっています。この他にも生木やブロックなども扱っていないことが少なくありません。一般的には家具、リサイクル家電を含む家電、日用品、本や雑誌、楽器などの様々なものを扱っています。医薬品や消耗品についても扱っていないことが多いので注意しなければなりません。

 

 

 

3.不用品回収サービスでは片付け・遺品整理・買取を行うところもある

不用品回収を業者に依頼するときにはサービス内容について詳細に吟味することが大切です。ただ不用品の処分を行ってくれるだけでなく、オプションサービスも提供している業者もあるからです。不用品を処分したいときには部屋の片付けをしたいときもありますが、依頼すれば部屋の片付けまで行ってくれる業者もあります。また、人が亡くなってしまったときには遺品整理を行うことになります。遺品整理にはノウハウをよく知っていることが必要になりますが、知識のあるスタッフを抱えていて遺品整理にも対応してくれる業者もあります。トリプルクリーンサービスでは部屋の片づけ、遺品整理、一軒丸ごとの回収、ゴミ屋敷の清掃も行っておりますのでご相談ください。

 

一方、オプションサービスとしてではなく、買取も行ってくれる業者も多くなりました。家具や家電などの場合にはリサイクルショップなどに持っていくことで高く売れるものもしばしばあります。楽器や本、雑誌などの身の回りにある品物についても種類によっては高額買取してもらえる場合があるのも確かです。広く買取を行ってくれる業者に依頼すると買取によって処分費用が相殺されて安上がりにできる可能性があるのがメリットになります。トリプルクリーンサービスでは国内外合わせ様々な販路を持っているので、買取ができ あります。

 

 

 

4.不用品回収を依頼する流れ

業者に不用品回収を依頼するときにはまず電話やメール、ウェブフォームなどで連絡をします。その際に住所や回収して欲しい品物の種類や量について大まかに伝えることになるのが一般的です。そして、不用品回収に来て欲しい日時を伝えて予約を取ります。当日になると担当者が現場を見て見積もりを計算し、その結果に納得したらその場で作業を開始するというのが一般的な手順です。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

 

片付け

VOL285 引っ越しを「不用品」に化けがちな家具とその処分方法

おはようございます。

みなさん冬休みに入りましたでしょうか。寒い日が続きますので、元気な形で新年を迎えてくださいね。

今年は、何かと災害等もお送り大変かと思いますが、みなさんもゆっくりお過ごしください。

 

今日は、引越しと不用品に関してです。大掃除までですしね・・・・

 

■はじめに

引っ越しの際には多くの不用品やゴミが出てしまいますが、一番多い不用品とは何なのでしょうか。また、それらを処分する時にかかってしまう費用や労力についてご説明いたします。出来るだけ効率良く簡単に引っ越し作業をするためにも不用品になってしまう家具や家電などは早めに段取り良く処分をしましょう。

 

 

 

■不用品になってしまいがちな家具とは

最近では、リーズナブルで品質の良い家具類などが多く販売されているので、引っ越しを機会に新居に合わせて気軽に家具を買い替えると言う方が多くなってきました。そうなってくると、不用品や粗大ゴミが多く出てしまうものですが、引っ越す時に一番多く不用品になってしまう家具は、ベッドや冷蔵庫、洗濯機などです。

 

ベッドはやはり良い物を使いたいので、引っ越しを機会に新しい部屋に合わせて買い替える方が多く、冷蔵庫や洗濯機も毎日使うものなので、新居に合わせて新調したいという方が多いようです。その他はテレビやエアコンと続いています。これらはとても大きいものですし、冷蔵庫や洗濯機は家電なので、処分する際には特別な法律が絡んできます。

 

引っ越しを目の前に、不用品の処分で思わぬ出費と時間を割いてしまったと言う声も多く聞かれるので、大事な引っ越しの作業を邪魔してしまわないように段取り良く大きな不用品は処分をしましょう。引っ越しの際に出る不用品はどうしても家電が中心になるので、通常の粗大ごみ回収では出せないものが多いのです。

 

 

 

■不用品処分にかかる費用と労力

引っ越しをする時に不用品として処分することの多い家具や家電は、処分する費用も非常に高額になってしまうものが多いのです。冷蔵庫ならば5,000円ほど、エアコンに関しては1万円近くかかってしまう場合もあります。

 

もちろん、引っ越しをするとなれば不用品は1つや2つではおさまらないでしょう。何個も不用品や家具を処分してもらうには何万円も費用が掛かってしまう事になります。また、処分センターまで自分で運搬しなくてはならないので、軽トラックを借りて作業をしなくてはなりません。これは女性や高齢の方にはとても大変なことです。引っ越しの際に出てしまう不用品は家電だけではなく、ソファーやテーブルなど重い家具も多いので自分で処分センターまで持って行き、処分をすると言うのは非常に大掛かりな事になってしまいます。

 

 

 

■どのように処分するのがおすすめなのか

引っ越しの際に出てしまう不用品の処分は、不用品回収業者に回収を依頼するのがおすすめです。家電以外にも家具類の回収も行ってくれるので、大きなゴミが無くなり、スッキリした状態になるでしょう。回収業者に依頼するのが初めてで、勝手がよく分からないと言う方でも、無料の見積もりや電話相談も行っているので、疑問点や分からない部分を解消する事ができます。

 

 

自宅まで都合の良い日時に回収に来てくれるので、手間もかかりませんし、重たい粗大ごみを運ぶ必要もありません。不用品回収業者に依頼すると言うのは、自治体などに処分を頼むよりも時間が節約できるやり方と言えます。また、自治体の回収料金よりも業者の方が安くなるものもありますので、費用を抑えたい方にもおすすめできます。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

片付け

VOL284 木の伐採はどのような効果をもたらすのか。

おはようございます。

 

在宅勤務のNです。

皆さんは昨日のクリスマスはどんな風に過ごしましたか。私は、タイミングいい方向に向かず、知り合いのお客さんとの飲み会でした。家族にも冷たい視線を浴びていたような気がします・・・・

本日は、木の伐採についてのお話

 

木の伐採は、事前環境保護の観点からみると木の伐採に関しては、非常にマイナスイメージが多くあります。しかしながら、その効果も少なからずあると感じております。

またその作業も木の大きさや場所によって様々です。

 

ひとえに木の伐採と言っても、その方法は様々。木の周辺状況、目的などによって、使い分けていることが多いのです。

例えば、「皆伐」という木の伐採があります。こちらは、伐採対象である木を残らず撤去する方法で、森林地帯で行われることが多いです。

他にも、不必要な木を取り除く「間伐」があります。こちらは全ての木を伐採するのではありません。重要な木だけを生長させるのが目的で、それ以外の木を撤去する作業なのです。特に、ガーデニングを趣味としている方は、お庭に陰が多いと困りますよね?陰を減らす為に、木の伐採が行われることもあります。

木の伐採を行う以上、避けられないのが「音」です。例えば、剪定を行う際、はさみやノコギリの音が鳴りますよね?これだけならまだしも、伐採は木を取り除く行為ですから、必然的に大きな音が鳴るのです。つまり、近くに住居があれば、そこに住む方にとっても迷惑を掛けてしまいます。

ですから、せめて作業当日が来るまで、周辺の住民にご挨拶だけはしておくと良いでしょう。そうすれば、印象は良くなりますし、大きな音が鳴っても苦情を言われるリスクは少なく済みます。

 

 

片付け

VOL281 引越しでいらないものを手間なく処分する方法

おはようございます。今年は、23日が祝日ではありません。なので、皆さんクリスマスをいつするかで困っているようです。同じくして、商業施設やスーパーでも、売り上げが分散してしまうという恐れがあるようです。

1年に1度といっても、大変な業種もあるのは変わらないものですね。

 

話はさておき、本日は引っ越しと不用品の処分についてです。

 

引越しをする際に1番困るのが、新居には必要ない不用品を処分する方法です。

 

ちょっとしたゴミであればゴミ袋に詰めて捨ててしまえば良いのですが、家電製品や家具など大きなものになると、処分するのにも一苦労です。

 

本記事では、引越しの際に出てくるいらないものの処分方法について、ご紹介していきます。

 

出てくるいらないもの量や、使える時間に合わせて処分方法を決めていきましょう。

 

フリマアプリでいらないものを売る

メルカリやラクマなどを活用すれば、いらないものをお金に変えることができるので、処分費用がかからず、むしろプラスにできるメリットがあります。

 

ただし、すぐ売れるジャンルのものと売れるのに時間がかかるものがあったり、自分で梱包が必要なので大きいものを処分するには専用の段ボールを購入する必要があったりとその分手間は多くなります。

 

すぐ売れて、手間がかからない小物を処分するのには最適な処分方法ですが、引っ越すまでの期間が短い場合や大きいものを処分するのには向かないです。

 

自治体にいらないものを回収してもらう

引越しの際に限らず、大きい不用品の処分では最もよく利用されているのが、コンビニなどで粗大ごみ処理券を買って、地方自治体に持って行ってもらう方法です。

 

物にもよりますが、処分費用は1品目あたり数百円程度に収まり、家の前に出しておくだけなので手間もお金もあまりかからない処分方法になります。

 

ただ、数が多くなってくるとそれだけ粗大ごみ処理券を準備する枚数と家の前まで持っていく手間が多くなることと、家電リサイクル法の対象となる冷蔵庫などは処分してもらうことができません。

 

処分したいものが少ない場合は最適な処分方法ですが、大量にいらないものを処分したい場合や、家電製品も同時に処分したい場合には向いていないと言えます。

 

不用品回収業者にいらないものを回収してもらう

大量にいらないものを処分する場合や、買取対象になるようなものがある場合に最適なのが不用品回収業者に依頼して、回収してもらう方法です。

 

依頼をすれば、全てのいらないものを運び出して持っていってくれるため手間がほとんどかからず、買取可能なものがあれば査定をして買取をしてくれるため、場合によっては収支がプラスになることもよくあります。

 

ただし、回収してもらいたいものが少ない場合や、再利用が難しく買取対象にならないものばかりを回収してもらう場合は、金額が他の処分方法よりも高くついてしまいます。

 

手間が少なく、売れるものがある場合は最もお得な処分方法になりますが、ゴミになるようなものを大量に回収してもらう場合は金額が高くなる処分方法と言えます。

 

いらないものを知り合いに譲る

いらないもので使えるものがある場合は、知りあいに譲るのも処分方法の1つです。

 

処分したいものと、知り合いが必要としているもののニーズが一致した時にしかできない処分方法にはなりますが、お金もかからない処分方法になるので、タイミングさえあえば効率的な処分方法になります。

 

ただし、知り合いが必要と知っているタイミングでなければ処分できないことや、いらないものがたくさんある場合は効率の悪い処分方法になってしまうで、あまりこの処分方法をメインに考えるのはオススメできません。

 

自分の状況を考えて、もっとも相性の良い処分方法を選ぶようにしましょう。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。