トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 不用品買取

不用品買取

不用品買取

VOL474 不用品の片付けのコツは?処分方法や費用についても!

おはようございます。

 

コラム担当のKです。昨日は雪がちらついていましたが、今になってやっと止まってきましたね。

片付けが苦手な方は多いと思いますが、後回し後回しにしておくと、ゴミのように溜まって大変なことになりますよね?

片付けのコツは「いつか使うかも?」という理由で何となく取っておくという考えを無くす事です。

不用品片付けのコツ

不用品を片づける際は、まず「絶対必要なもの」「必要ないもの」「分からないもの」に分けましょう!

そして、分からないものの中には、いつか使うかも?という品物がたくさんあるはずです。

分別していると思っている以上にいつか使うかも?という品が多いことに気づかされると思います。

高価なものは取っておくか売却したほうがいいですが、基本的にいつか使うかも?は必要ないものですので、思い切って処分してしまいましょう!

不用品の売却方法

不用品は単品で売るよりもまとめて売りに出したほうが売りやすい傾向にあります。

また、出張買取を希望される場合、単品買取だと持ち込みになる場合がほとんどです。

たくさんの品があればあるほど金額が付く可能性は広がりますので、引っ越しの際の荷造りでできるだけ不用品は出しておきましょう!

不用品処分の費用

当店の事例をお伝えすると

ブラウン管テレビ:-4,200円
折りたたみベッド:-4,000円
合計不用品回収費:8,200円 ウイスキー(ザ・マツカラン25年):+35,000円
切手、ハガキ  :+26,200円
HONDA発電機   :+47,000円
合計買取費用  :108,200円
差額:100,000円

 

不用品回収には料金が発生しますが、上記のように金額が付くとプラスになりお金が返ってくる事例もあります。

ですので、見積りをお願いしましょう!

 

不用品回収には品物毎に数千円の金額がかかります。

ですので、買取不可の品物が多ければ、それだけ処分費用もかかる計算になります。

反対に買取金額が付けば、お金が返ってきます。

自己判断せずに、一度見積もりを出してみることをおすすめします。

 

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

不用品買取

VOL452多発する悪徳不用品回収業者とのトラブル回避のための注意点とは

増える悪徳不用品回収業者との不用品回収トラブル

近年、就活ならぬ終活と称して、自ら身の回りの品を片付ける高齢者が増えています。

さらに親が亡くなって空き家になった家を手放すために、一気に物を片付けたいという目的から、不用品回収業者に依頼するケースが増えました。

こうした不用品回収へのニーズが高まっていることが、不用品回収業界を活発化させている要因ですが、このニーズに乗じて不用品回収トラブルを起こす悪徳な回収業者が増えているのもまた事実です。

消費者センターには、悪徳業者による不用品回収トラブルが増え、相談が急増していることからも、かなりの割合で悪徳不用品回収業者がいると考えておいた方がいいでしょう。

物を片付けて身の回りをすっきりさせたいと一念発起した人や、親が亡くなって心痛を抱えた状態で不用品回収に取り掛かった人が、知らずに悪徳不用品回収業者を利用してしまったばかりに、結果的に不用品回収トラブルによる苦い思いや腹立たしい気持ちにさせられています。

悪徳不用品回収業者の存在に頭を悩ませているのは、業界内も同じです。

誠実に不用品回収作業を行っているにもかかわらず、十把ひとからげで本当に信頼できるのかと疑いの目で見られてしまうからです。

優良業者を選ぶには、悪徳不用品回収業者が取る手口を知り、どう動くのかを事前に予測できれば先手を打って回避することができます。

■悪徳不用品回収業者の手口とは

 

消費者センターに寄せられる苦情から、悪徳不用品回収業者に見られる共通した特徴的な手口が見えてきました。

最も多いのは、無料で引き取りますといいながら、作業が終わった時点で料金を請求してくるというものです。

しかも、それがかなり法外な金額であることもしばしばで、最も注意すべきところでしょう。

無料だといったから頼んだといっても、積み込み料金や基本料金であるとか、さらには無料対象外の回収品だったなど、あれこれと請求理由を述べてきます。

こんなに高い料金なら結構と断ろうものなら、下ろすのに代金が必要といわれてしまい、どうにもならない状態に追い詰められ、結局のところ払わざるを得ない状況に持ちこむのが、悪徳不用品回収業者の手口です。

無料のところは信用ならないからと、事前に見積もりを出して有料で引き取ってもらうなら安心と考えて依頼しても、ここにも悪徳不用品回収業者は存在します。

こちらも請求時点で見積もりの金額とはまったく異なる、高い料金を請求してくるのです。

当然のことながら、見積もり金額と違うと抗議することになりますが、それに対してはサイズの大きなものがあったとか、見積もりから漏れていた品があったなどといった具合に理由をつけ、高額な料金を請求してきます。

回収した品を不法投棄することもしばしばで、品物から持ち主が特定されて、突然警察から連絡がきたといったケースもあります。

不法投棄の罪に問われるわけですが、高い料金を払ったうえに警察に疑われては泣きっ面に蜂です。

業者と連絡を取ろうにも、そもそも名刺などの連絡先がわかる類のものは一切置いていかなかったり、請求書などに書かれた電話番号に電話をかけても通じなかったりといったことも、もはやお決まりといっていいでしょう。

 

■悪徳不用品回収業者の見極め方

真面目に不用品回収に取り組んでいる業者も、業界全体のイメージを悪くする悪徳不用品回収業者には煮え湯を飲まされている状況ですが、その数はかなり多いうえに、排除してもまたすぐに増えることからいたちごっこの状態が続いています。

そのため、悪徳不用品回収業者を選ばないことが最も重要かつ、効果的な排除方法です。

悪徳不用品回収業者を見極めるには、悪徳不用品回収業者特有の特徴を知っておくことがポイントです。

おなじみの街中を巡回している不用品回収業者は注意すべき対象で、手軽に呼び止めて持って行ってもらえるという状態にすることで身元を明かさずに済むからです。

確実に不用品を回収できるかどうかもわからないまま街中を流して走っているという時点で、しっかりした拠点を持たずに回収業を行っている可能性が高いといえます。

法外な料金を吹っかけてくる悪徳業者ではなかったとしても、無許可の回収業者であるケースが非常に多く、関わらないのが無難です。

それを無料回収と大々的に謳っている時点で、悪徳不用品回収業者であると断定できるといっても過言ではありません。

 

皆さんも気をつけてください。

 

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

不用品買取

VOL440 骨董品と不用品買取について

おはようございます。コラム担当のTです。

あっという間に1週間が終わりそうです。やりたいことややらなければいけないことは山ほどあるのに、なかなか手がつけられていません。時間効率化と作業効率化を意識して行動していきます。・・・・宣言

 

今日は、骨董品のお話。

骨董品買取と一口にいっても、絵画や茶道具、食器や日本刀、掛け軸、古銭、切手、美術品やアンティークなど、そのジャンルは様々です。

このような古い品物には共通した高価買取のコツがあります。

 

未開封のまま査定へ

未開封・未使用品は、それだけで査定価格アップに繋がります。同じ未使用品でも開封してしまうことにより、「新古品」という一つの大きな価値が減ってしまいます。購入後から一度も開封していなければ、そのまま査定に出しましょう。

 

保存環境の改善

 

見た目が良いに越したことはありません。
たとえそれが著名人の作品であっても、傷・汚れ・色褪せ・形状変化によって状態が酷くなれば、それだけ査定額にも影響が出てくるでしょう。
日々の適切なお手入れや保存の仕方に注意し、価値の低下を防いで下さい。

特に絵画や掛け軸は湿度や紫外線に弱く、陶器製品は吸水性が高いため、風通しの良い場所、直射日光の当たらない場所での保管が不可欠となります。

 

買取専門店を利用する

骨董品の価値というのは、つくられた時代、素材、製作者によって決まりますが、その価値が値段に比例するかといえば決してそうとは限りません。同じ物でも人の価値観によって値段のつけ方が変わってくるため、きちんとした専門家に鑑定してもらう必要があるのです。豊富な実績を持つ買取専門店ならば市場価値にも詳しく、適切な値段での取引が実現するでしょう。

 

出張買取がおすすめ

保存の観点から理想をいえば、出張買取が最も安全です。骨董品のような古い品物の場合、店頭へ持ち込む最中にダメージを与えると査定額低下のリスクが生じていきます。出張買取であればベストな状態で鑑定や査定を行えるため、より高い結果が期待できるでしょう。

 

骨董市場では、お客さまの大切な骨董品・古美術品の価値・評価を高めるとともに、真心をこめて一品一品丁寧に査定致します。出張買取は東京都を中心に日本全国対応しておりますので、処分する前にぜひご一報下さい。

 

特に趣味も無くつつましく暮らしてきた人でも、身の回りの日用品から愛用品までそれ相応の数の物を持っています。所有者が亡くなるとそれらがそのまま遺品となるわけですから、その整理は手間も時間もかかります。

先ずは、ざっくりと、資産価値のあるもの、保管の必要な書類、その他日用品などに分けます。日用品の中からさらにリサイクルショップに売れそうなものは換金して、貰い手のいるものは形見分けをして、と徐々に処分していって、最後に残ったものはゴミとして廃棄となります。

残った物が明らかに捨てるのに問題ない物だけならすんなりとなりますが、整理の途中で処分に困ったり、捨てるほかに方法が見つからないのに捨てるに忍びない物が多く残ってしまったりしたときには、寄付や寄贈という形で社会貢献する方法もあります。

遺品は「売却、保存、寄付」のいずれかで処分できる

遺品は、明らかなゴミは廃棄しますが、その他はきちんと分類すれば、大切に保管したり、換金したり、必要とする人に引き取ってもらったり、寄付したりして適切に処分することができます。

先ずは、身内の間で引き取り手を募りましょう。なるべく故人に親しい人が引き続き使うと故人も喜んでくれるしょう。そして、資産価値のある高額な物は除外して、リサイクルショップに売却できる物をまとめましょう。家具、家電製品、衣類、本、CD・DVDなど、ある程度の量があれば、家に引き取りに来てもらうこともできます。

リサイクルショップでは、買い手の目途がつくような物以外は現金で買い取ってくれません。売れ残った物は持ち帰って廃棄するしかないのですが、その中にはまだ使える物も含まれています。買い取りは叶わなくても、そのまま引き取ってくれるお店もあるので、買取依頼のときに相談してみましょう。

また、児童養護施設や介護老人ホーム、障がい者福祉施設などに問い合わせると、必要とされる場合もあります。さらに、被災地や発展途上国へボランティア団体を通じて寄付する方法もあります。

寄付と寄贈の違い、贈るものの種類と送り先

「寄付」と「寄贈」とは、贈る物と贈り先で違いがあります。

まず「寄付」は、主に日用品などをボランティア団体や支援団体、NPOなどの組織を通じて、必要とされる人々に届けてもらうことをいいます。国内では児童養護施設や介護老人ホーム、障がい者施設などの利用者、災害に遭って家を失った人などの生活に役立てられます。海外では難民や途上国の貧困層などへの生活物資となります。

リサイクルショップで換金されない、身内で誰も引き取り手がいない、といった遺品でも、多量で捨てるのに手間がかかる、故人を思うとゴミ捨て場に持っていくのが忍びないなどの場合は、寄付という手段で困っている人のために役立てましょう。寄付先の探し方が分からないときは、遺品整理業者に相談してみると、寄付の受付先に届けてくれる業者もあります。

また、遺品整理業者に依頼して、遺品のほとんどを寄付することもできます。換金できるものはお金として寄付し、出来なかった物はそのまま引き取ってもらえる団体に渡すなど、一括して社会に還元するといった活動を推進している業者もあるので、遺品整理の効率化も図れます。

次に「寄贈」は、美術品・骨董品や蔵書などの故人のコレクションを、美術館や博物館、図書館などの教育機関や医療機関などの公共の施設に贈ることをいいます。その際、贈与税や相続税がかかりませんので、高額な相続税を払うことができない場合の遺品整理方法のひとつです。

故人の遺志を受け継いでコレクションを維持したくてもできない場合なども、寄贈することによって公共機関に管理してもらうことができ、また、コレクションを広く一般の人たちに見てもらうことができるので、社会貢献の一助にもなるというメリットがあります。

国の美術品に関する税制優遇措置について

一個人が重要文化財クラスの美術品・骨董品などを国に寄付した場合、その品物の取得金額に相当する額が所得から控除(上限あり)され、相続税に関しては非課税となります。相続税を支払えない場合に国に相続財産(故人の高額な美術品・骨董品などのコレクション)を「物納」する制度もあります。ただし、不動産の物納に比べると優先順位が低く、余程価値のあるものでなければ物納品として認められないようです。

相続税には、3,000万円+(600万円×法定相続人の数)の基礎控除が設けられています。従って、例えば、法定相続人が2人の場合は4,200万円以上の物でない限り相続税はかかりません。相続税が問題になるのは主に土地や建物の不動産なので、かなりの高額品でなければ、動産に相続税がかかることはありません。

故人のコレクションは、換金するにしても、寄贈するにしても、身内がその価値を把握していなければ上手くいきません。中には、一見何の価値も無さそうなものにも時価でものすごく高額になる物もあります。遺言書に記載がないかを確認するのはもちろんですが、まずは、専門家に相談して最も適切な方法で処分方法を決めましょう

 

資格画像

 

 

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

不用品買取

VOL437 改めて不用品買取一覧をまとめてみる

おはようございます。コラム担当のTです。

あっという間に、今年も残り3週間ですね。どんどんやれることを準備していきましょう。

ということで、今日は、不用品買取のお話。

年末の恒例行事と言えば、大掃除。片付けに掃除、不用品の処分など大忙しの大掃除が今年もやってきます。毎年毎年しっかり大掃除をしているのに、年末にキレイになったマイホームは1月が終わる頃には元の状態にだんだん戻っていませんか?それは、「とりあえずある物を片付ける」だけで、また使ったら元に戻ってしまうから。

 

大掃除を始める前に、まずは家にある物の片付けをしましょう。片付けと言っても、捨ててしまっても不自由しない物を処分する「断捨離」です。まだ使える物を捨ててしまうのはもったいないという気持ちもありますが、スッキリとした部屋にするには断捨離は必須です。

「普段使っていない物」は「なくても困らないもの」です。思い切って家に溢れている物を処分すると、大掃除がグンと楽になります。価値がある物を捨てることに抵抗があるならば、フリマアプリを利用しましょう。

今日は、特殊清掃に関する質問をまとめております。

 

資格画像

 

 

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

不用品買取

No397 ゴミ屋敷について改めて考える

 

皆様こんにちは!トリプルクリーンサービスのコラム担当Tです。

 

突然ですが、昨日、グリーンパンツという野菜を食べました。みなさんグリーンパンツって知ってますか。ズッキーニにたいな食感と見た目ですが、ズッキーニよりもシャキシャキ感があり、とても美味しいですよ。

 

標題にも記載しておりますが、皆様、一度はTVなどで見たことがある方はいるかと思います。「ゴミ屋敷」。たまりにたまったゴミ屋敷をそのままほったらかしにしていると、悪臭を発生させる原因になったり、または、通行人にも迷惑をかけることに繋がります。今回の片付け堂コラムでは、ごみ屋敷をテーマに書いてみたいと思います。

ゴミ屋敷って何だろう…??

家の敷地内または、室内に地面から天井まで捨てるに捨てれなくなったゴミが埋め尽くされているような状態で足の踏み場がないほど散らかっている状態の家をごみ屋敷と言います。今も昔も、このようなゴミ屋敷と化した家が急増しており、深刻な社会問題にもなっています。

「ごみ屋敷」が社会問題になっていることをご存知ですか??

一度は、TVまたは、身近で見たことある方はいらっしゃるかと思います。このゴミ屋敷は、社会問題となっていることをご存知でしょうか?下記にゴミ屋敷に関する問題を列記してみました。

ゴミ屋敷の社会問題

    ■たまりにたまったゴミから自然発火して大きな火災が発生!

    ■ゴミ回収日にきちんとゴミを捨てず、自宅内に放置し、そこから悪臭を放っている!

    ■住居人に何でも収集する癖があり、あらゆるものを集めて景観を悪くしている!

    ■家の敷地内から溢れたゴミを道路にはみ出ている!

    ■劣悪な環境の敷地内にゴキブリ・蠅・害虫やネズミなどが大量発生!(不衛生状態)

ごみ屋敷_片付け堂コラム

上記のような例は氷山の一角にすぎません。ゴミ屋敷がもたらす社会問題は深刻なものとなっています。何よりも周辺住民に迷惑をかけてしまうことが大きな問題で、家主と近隣住民との間に大きな亀裂が生じてしまい、ご近所トラブルに発展する可能性が高くなります。住んでおられる方が孤立する原因にもなるため、早急に問題を解決することが大切です。

高齢化社会が抱えるゴミ屋敷問題!!

ご存知の通り日本は、65歳以上の方が人口の21%を超えている超高齢化社会です。高齢者の割合が増えたことで、さらに「ゴミ屋敷に関する社会問題」が増えています。その中でも特に多いのが一人暮らしの高齢者がゴミ屋敷の家主だったという事例なんです。高齢化社会がもたらす弊害の一つが、ゴミ屋敷問題と言っても過言ではない状況ですね。

高齢者の方がゴミ屋敷化しやすい3つの理由

ごみ屋敷になりやすい3つの原因は以下の通りです。

  ①物を捨てられない(もったいないの精神)

  ②認知症

  ③孤独感

現在の日本の若い世代の人は、物に対する執着心があまりなく、使えなくなった物やもう二度と使わない、携帯電話も新機種が出ればすぐに変えかえる、また「断捨離」により思い切って処分する人が多いです。しかし、高齢者は物に対する執着心が強く、「またいつか使う」「まだ何かに使えるかもしれない」「思い出の品だから捨てられない」などの理由で物を溜め込む人が多いのです。思うように物を手に入れることができなかった時代を過ごした世代の高齢者にとっては、ある意味仕方のないことかもしれません。しかし、ゴミ屋敷になるほど物を捨てられない状況になると、周囲の人に迷惑をかけることになるので、本当に必要な物と不要な物に分けて処分することも考えなければいけません。
 年齢を重ねるほどリスクが高まるのが認知症です。認知症になるとよく見られる症状として、ゴミの分別ができなくなるという問題があります。まだ在庫があることを忘れてしまったり、どこに保管したのかわからなくなって、どんどん物が増えていくというケースもあります。認知症に関しては高齢者に限らず、比較的若い世代でも発症する場合もあるようです。
そして、高齢社会がもたらす大きな弊害になるのが、一人暮らしの高齢者が増えているという現状です。

  ■配偶者に先立たれてしまった

  ■子どもがいない

  ■頼る親類もいない天涯孤独の身

  ■子どもはいるが離れて暮らしている

このような理由で一人暮らしをする高齢者が増えています。一人暮らしでもご近所同士で仲良く生活していれば良いのですが、近隣住民との付き合いがあまりない状況では孤独感を募らせる大きな原因になります。寂しさを紛らわせるためにペットを飼育してみたものの、世話ができないため家の敷地内が汚物まみれになったり、周囲の人が敵に感じられて外に出るのも億劫になってゴミを捨てるのも嫌になったりしてゴミ屋敷化するケースが多いです。

このような原因が重なるほど、高齢者の家がゴミ屋敷化する可能性が高くなります。