トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 特殊清掃

特殊清掃

特殊清掃

VOL319 特殊清掃完了までの流れ

おはようございます。

もう少しで、新年度4月、新生活が始まる人も多いのではないでしょうか。連日コロナウィルスの影響が出てきていますが、今後も気をつけながら、過ごしていきたいものです。さらに、桜の季節にもなってきました。今年は、冬の温暖化の影響もあって、桜の開花も若干ですが早いようです。

花見は、外ですし、大丈夫ではないかなと考えながら、今日も仕事に努めてまいります。

今日は、特殊清掃についてお話しできればと思います。

 

①ご遺体の発見


ご家族と離れ一人で生活した場合、お部屋で倒れお亡くなりになられる孤独死。

時間が経過するとともにご遺体は破損し、悪臭を放ち死臭が部屋中に充満します。

部屋から漏れた死臭や遺体から発生するハエなどの害虫が大量発生し、近所の住民が気付き騒ぎとなり、発見されるケースも少なくありません。

 

 

 

 

②警察に通報


遺体を発見したら直ちに警察へ通報します。
異臭や害虫の発生が起こっている場合は死後数日経過しており、遺体の損傷が激しいと思って間違いありません。こういった場合は特殊清掃が必要となってきます。
警察は実況見分を行い事故なのか事件なのか調べます。

 

③特殊清掃会社へ連絡


特殊清掃は時間との勝負です。時間が一日でもかかると部屋の状況は悪化し作業が難しくなります。
警察の現場検証している間は室内に入室することはできませんが、特殊清掃会社に連絡し、今の状況を分かる範囲でできるだけ詳しくご説明ください。
お電話で大まかな状況を確認し、すぐにお見積り、作業に取り掛かれるよう準備いたします。

 

④無料お見積り・作業内容のご説明


警察から立入許可が出るとすぐに現場にスタッフが伺います。
室内の汚れや臭い汚染状況を確認し、ご遺族の方にどこまでの作業を行っていくかヒアリングをさせていただきます。
作業内容が確定したらお見積を作成します。作業方法などを分かりやすく具体的にご説明しご遺族の方が同意していただけると特殊清掃作業に取り掛かります。
ご遺族の方はショックで、精神的にも非常に辛い時間となりますが、ご遺族の気持ちに寄り添いながら丁寧に進行させていただきます。

⑤作業着手・消臭作業


作業に移るとまずは感染症を防ぐため、濃度が濃い二酸化塩素を部屋中に噴霧し部屋中が汚染された菌を殺菌していきます。その後腐敗臭を除去する為、オゾン脱臭を行います。ご遺体から放つ死臭は非常に手強く、状況によっては何日も時間を要する場合がございます。
臭いを完全に取り除き、ご遺族の方が入室しても違和感がないまで丁寧に作業を行ってまいります。

 

⑥特殊清掃


発見が遅れてしまうと時間の経過とともにご遺体が腐食します。
腐食したご遺体からは体液や血液が流れ出し床や畳、場合によっては床下にまで染み込んでいきます。汚染された箇所は特殊な薬剤で清掃、消臭作業を行ってまいります。
また腐敗臭や体液などで染み込んでいた家財道具や家具などは運び出し、処分いたします。

 

⑦汚染箇所の解体・リフォーム


汚染状況によって床下や壁の内側にまで染み込んでしまった場合、表面的な清掃作業だけでは完全に臭いを落とす事ができない場合がございます。
その際は汚染箇所を解体しリフォーム工事が必要となります。
中途半端な清掃で後から臭いが出てくるトラブルを非常によく聞きますが、臭いの根源を掴み断ち切らない限りなくなることはありません。

 

⑧状況確認・作業終了


作業終了後、仕上げにスタッフが入念に確認していきます。
その後全ての工程が完了すると、ご遺族の立会いで現場を確認していただきます。
その後、ご希望のお客様にはオプションでハウスクリーニングや遺品整理など様々なご要望にお応えする事ができますので遠慮なくお申し付けください。

 

 

<動画公開中>

あっ、チャンネル登録もよろしくお願いします!!

グッド!ボタンもよろしくお願いします!!

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL280 なぜ孤独死が発生するのか

おはようございます。

在宅勤務のNです。寒くなってきて灯油が必要な季節になっています。調べてみたら、2000年には、灯油18リットルが八百円だったとのことです。驚きですね。今は、18リットルが1600円くらいで倍になっていますね。

お金の価値がどんどん変わっていくのがわかりますね。

今日は、孤独死について

 

なぜ、老人の孤独死が次々に発生するのでしょうか。

 

 

 

 

 

それはまず一人暮らしの老人が急激に増えているからです。

 

もともと独身だったという人もいるでしょう。

 

伴侶に先立たれ一人になってしまった人もいるでしょう。

 

 

 

 

 

昔であれば親の面倒を見るのは子供の義務として考えられていましたが、今は子供も自分の生活で精一杯だったり、少子化の問題もあったりして、子供がいても一人で暮らしている老人も多いのです。

 

 

 

 

 

初めから独身で生きてきた人よりもむしろ、子供がいるのに気にかけてくれないというほうが、より一層孤独を感じることでしょう。

 

 

 

 

 

もし近所との付き合いもほとんどなければ、一人で誰からも気付かれることなく亡くなってしまうということは十分にあり得ることなのです。

 

そして、これは誰も他人事だと言えない時代になってきているのです。

 

老人の孤独死は発見が遅れます。

 

通常腐敗が進んで、臭いでおかしいと気が付くことが多いようですが、そのような状態で発見された場合、後の処理が大変です。

 

 

 

 

 

きちんと消毒と掃除を行い清潔な状態に戻した後、遺品の整理なども行わなければなりません。

 

 

 

 

 

ただ、これは素人の手に負えるものではないことが多く、そのような場合は不用品回収業者の中で、孤独死などに伴う遺品整理や消毒を行っている業者に依頼することになります。

 

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL295 特殊清掃の見つけ方

最近アマゾンで購入したものがイヤホンの在宅勤務Nです。

 

実際は、スマホとイヤホン、USBを購入したのですが、イヤホンだけ別で送られてきて、中には、バーコードが2つついていました。通常の包装の上に別のバーコードがついている場合は、転売の可能性があるとのことです。私のイヤホンは問題なかったですが、不良品も多いとのことなので皆さん気をつけましょう。

 

 

遺品整理になかなか手が付けられない方は多いと思います。遺品整理には、人手が必要ですし、処分するのかどうか判断することも簡単ではありません。しかし、遺品整理を先延ばしにすればするほど、様々なトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

 

空き家がゴミ屋敷に

例えば、親が物を捨てられない人だった場合、大量の物を溜め込んでいるおそれがあります。また、空き家に不法投棄をする方が増えていると言われており、敷地内がゴミだらけになってしまうことがあります。ゴミがゴミを呼び寄せて積もることで、より片付けの手間が掛かるため早めに整理することが大切です。また、空き家は放火されることがあり、木造住宅でゴミが散乱している家だと被害が大きくなってしまう危険性があります。こうしたトラブルを回避するために、遺品整理は早めに行うようにしましょう。

 

価値のある物が盗まれる

遺品には処分する物と、形見分けとして親族や個人と親交のある知人で分けることがあります。遺品整理では、必要な物と分ける作業とそれを分配する作業があるのですが、これを遅らせてしまうと価値のある物を勝手に持って行かれることや、空き家になっているのを見計らって泥棒が侵入して持ち去ってしまうかもしれません。形見は一般的な価値以上に故人との思い出が詰まった、この世に2つとない物なので、どのように分配するか早めに決めることをおすすめします。

特殊清掃

VOL269 遺品整理の種類と対応について

おはようございます。在宅勤務のNです。本日は、12月下旬並みの寒さが続くとのことでした。皆さん、風邪等に注意してお過ごしください。年末に近づくと、来年は新しく何を始めようかなと考えることがあると思います。私は、来年は目標をたてて1年間続けていければと計画中です。それでは本題へ・・・・

遺品整理業者にはどのような作業を依頼できるのでしょうか?ここでは、遺品整理業者が実際に行ってくれる作業内容について詳しくご紹介します。

各業者によって違いはありますが、遺品整理業者が行っている一般的なサービスの一部をご紹介します。

・室内の遺品確認、分別

家の中が散らかっていて、遺品と不用品の区別が付かない場合でも、遺品整理業者は遺品の分別と梱包、そして不用品の処分を行なってくれます。遺族は「処分する・しない」を答えるだけで、遺品が次々と整理されます。もし、遺族が同伴できない場合でも、業者で判断して分別し、処分する前にすべての遺品のリストを遺族が確認してから処分されます。

・遺品の買い取りと不用品処分

古物商の許可を得ている遺品整理業者は、価値のある品は適正な価格で買い取ってくれます。着物や絵画などの骨董品は買い取りを依頼してみるとよいでしょう。ただし、業者が古物商の許可を取得しているかを必ず確認してください。無許可の買い取りは違法になります。
また、分別後に不用となったものは、廃棄物取引業者として処分してくれます。

・住まいの清掃

屋内が片付いた後は、床の拭き掃除やクリーニング作業を依頼することができます。その他にも、庭や玄関、ベランダなど、指定した場所を丁寧に掃除してくれます。

・遺品の供養

他人の遺品と合わせて供養する合同供養という形になりますが、故人の大切な遺品を供養するサービスを行なっています。一般的な供養は、僧侶による祈祷、かがり火を使った焚き上げなどが行われます。遺品整理業者によっては、合同供養祭を行う施設を用意している場合があります。
仏壇仏具は、その仏具の中にいる魂を抜き取るお魂抜きという供養を行うなど、遺族が安心して任せられるサービスを行なっています。
その他には、焚き上げ供養の証書や写真、供養の様子を通知してくれる遺品整理業者もあります。遺品の供養が気になるという方は、こうした遺品整理業者に相談するようにしてください。

・家電リサイクル対象品

パソコンやテレビなどリサイクルが必要なものは、遺品整理業者がリサイクル券を発行しますので、料金を支払えば回収してもらえます。状態の良いものであれば買い取りしてくれる業者もあります。一度、相談してみるとよいでしょう。
大型家電の処分法方は各遺品整理業者によって異なります。事前に処分方法や料金を確認しておきましょう。

その他、遺品整理業者の新しいサービス

独自のサービスを行う遺品整理業者があります。相続問題の相談、孤独死などの場合の部屋の消臭作業(特殊清掃)、不動産の売却コンサルティング、生前から行なう遺品整理、畳や壁紙の張り替え、貴重品探し、賃貸物件の解約、遺品の保管など。遺族が暮らしやすいように、遺品整理業者はさまざまなサービスを用意しています。

 

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL252 特殊清掃の現実

あっと言う前に、10月が終わろうとしております。毎年この時期になると、自分は1年間何ができただろうか、どのくらい成長したのだろうかと考えることが多くなってくるような気がします。在宅勤務のNです。

 

今日は特殊清掃のお話です。

 

事故、自殺、他殺などにより浴槽で亡くなった場合「お湯の中で遺体が腐敗しやすいこと」「発見が遅れてしまいがちであること」などの理由でその現場はとても悲惨な状態となります。特殊清掃のプロが多くの現場を経験する中で、もっとも大変な作業となるのがこの浴槽死の現場です。

 

死後発見が遅れるほど、死体の腐敗が進んでしまうため、風呂場全体が汚染された状態になりひどい死臭が発生します。現場からその異臭が漏れ出し、近隣からクレームが来ることも…。検死、司法解剖などを行うケースでは、警察が遺体引き取ることになりますが、そのあとの現場の処理が大きな問題となります。

 

嗅いだことのない腐敗臭が漂う中で、遺体が浴槽の中で腐敗し真っ黒になった液体、洗い場の血液、発生した害虫などを清掃しなければならないからです。その異臭は想像を絶するもので、防毒マスクをしなければとても耐えられるものではありません。

 

また、浴槽死のケースでは、汚染物質(健康を害する菌など)が通常の何倍もの率で発生します。細菌による感染を防ぐためには防護服を用意しなければならず、とても素人が対処できる状態ではないことは明白です。

 

そのため、このような現場には、特殊清掃のプロによる片付けが必要です。元の状態に原状復帰するまで責任を持って対応しますので、万が一の際はご相談ください。