トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 特殊清掃

特殊清掃

特殊清掃

VOL482 特殊清掃の料金・相場。費用はどのくらい違う?

おはようございます。コラム担当のTです。

先日、テレビを見ていたら、介護や杖、福祉関係など、TVCMも年々高齢者傾向にあるような気がしました。

時間帯によっては、子供むけや、スマホゲームのCM等がメインになるとは思いますが、番組の高齢化とともに、TVCMも年々高齢化してきているような気がします。

 

さて今日は、特殊清掃の料金に関して

 

特殊清掃の料金・作業内容が変わるポイント

まずは、特殊清掃の費用や作業内容について説明します。孤独死は案件の状況ごとに特殊清掃として必要とされる作業が異なるために、状況に応じて特殊清掃の値段を考える必要があります。

 

孤独死が判明するまでの期間

 

特殊清掃の値段は、一般的には亡くなってから遺体が発見されるまでの期間によって変動します。亡くなってから発見されるまでの期間が短いほど特殊清掃の価格は低くなり、逆に期間が長いほど特殊清掃の費用は高くなります。

 

このような相関関係が生じるのは、遺体の腐敗の進行具合が原因です。人が誰にも看取られずに亡くなり、そのまま放置されていると、時間の経過と共に遺体が腐敗します。放置される期間が長いほど腐敗の進行具合も大きいために、臭い・害虫・現場の汚損具合も酷くなります。つまり、それだけ特殊清掃の作業量が増えるために、費用が多額になるのです。逆に、亡くなってからすぐに孤独死が判明したときには、遺体の腐敗がまったく進行していないということもあるでしょう。この場合、現場の清掃作業がほとんど必要ないのであれば、特殊清掃の値段はかなり低額になります。

今後の方向性が確定した段階で、特殊清掃業者との間で契約を締結し、現場の掃除を実施してもらいます。

 

 

孤独死が発生した時期

 

特殊清掃の価格は、孤独死が発生した時期によっても変動します。一般的には、暑い季節ほど特殊清掃の費用は高くなり、寒い季節ほど特殊清掃の価格は安くなるという関係にあります。日本には四季があるために、夏の孤独死の特殊清掃費用が高く、冬の特殊清掃費用が低いということです。

 

このような相関関係の理由は、もちろん気候によって遺体の腐敗進行状況が変わるからです。気温が高い状況で遺体が放置されていると腐敗の進行具合は速くなります。したがって、亡くなってから孤独死が判明するまでの期間が同じであったとしても、気温や気候によって汚損レベルが大きく異なるために、特殊清掃費用も変わります。

 

ただし、季節だけで特殊清掃価格が決定されるわけではありません。遺体が放置されている現場の室温も価格に影響する重要な要素の一つです。例えば、酷暑の夏のある日に亡くなった場合でも現場室内がエアコンで18℃に保たれているのなら、外気に晒されるよりも遺体の腐敗進行ペースは緩やかになるはずです。逆に、冬の寒い日に室内がかなり暖められている状況で孤独死が発生した場合には、一般的な冬場の特殊清掃価格よりも多額の費用がかかることもあるでしょう。

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL481 誰にでも起こる孤独死。特殊清掃の必要性と費用感とは

おはようございます。コラム担当のTです。

先日、社内にて委員会を発足することが決まりました。情報管理委員会と管理美化委員会の2種です。私は、業務で情報発信をする立場なので、委員会は、美化委員会に所属しました。小学校のときには、一番人気なさそうな気がしますが・・・年々歳を重ねると身の回りがきれいなことは大事だと気付かされます。

 

今日は孤独死と特殊清掃について

 

 

孤独死は、突然訪れます。もし、孤独死が起きれば、思わぬ形の別れに心を痛めることになりますが、現実は待ってくれません。孤独死した現場を、すぐに回復させる必要が生じることもあります。今回は、特殊清掃が必要になる状況について解説します。そもそも特殊清掃がなぜ必要なのか、そしていくらくらいかかるのか、まとめてみていきましょう。

 

親や親戚が孤独死してしまったら。特殊清掃や手続きの流れ

孤独死は年齢を問わず誰にでも起こりうるものです。では、親や親戚などの身近な人が孤独死してしまった場合、どのような対応をするべきでしょうか。以下では、特殊清掃や手続きの流れについて説明します。

 

身近な人が孤独死したら特殊清掃に依頼を

 

親や親戚などの身近な人が孤独死した場合には、現場が持ち家か賃貸住宅かに関わらず、特殊清掃業者に依頼がおすすめされます。孤独死の状況にもよりますが、遺体が発見されるまでの期間によっては部屋のリフォームが必要になります。そのような対応は素人ではできないと思っていたほうがよいでしょう。

特殊清掃業者は、孤独死の現場を清掃し、部屋の空間を原状回復するプロです。孤独死の現場を掃除するときに行わなければいけないのは、遺体を供養することだけでなく、部屋や建物自体の清掃も必要になります。前述のように、亡くなってから遺体が発見されるまでの間にある程度の期間があると、遺体は腐敗を始めるために異臭や害虫が発生します。また、血液や体液が部屋の床や壁を汚してしまうこともあるでしょう。特殊清掃業者は専門のノウハウで、悪臭や害虫を駆除し、汚損箇所の修復をすることで孤独死の現場の原状回復を目指すのです。

 

孤独死が判明してからの流れ

 

身近な人の遺体が発見されてからの流れを紹介します。

 

身近な人の孤独死が判明した場合、まずは警察を現場に呼ばなければいけません。なぜなら、遺体が発見された以上、事件性があるかを判断しなければいけないからです。事件性の有無にかかわらず、孤独死の現場をすぐに清掃することはできません。警察からの許可がない限り、孤独死の現場はそのままにしておく必要があります。結果として、現場の汚損がさらに進むこともあるでしょう。

 

警察の対応が終わった段階で、ようやく特殊清掃業者に孤独死の現場に入ってもらうことになります。孤独死の現場は臭いがきつく、感染症のおそれもあるために素人が無闇に入るべきではありません。プロの特殊清掃業者に依頼をしたうえで現場を確認してもらい、現場の掃除にどれだけの費用や時間がかかるのか事前に見積もりをもらいましょう。

 

ここで重要なのは、持ち家の場合には遺族だけの判断で特殊清掃業者と相談できますが、賃貸物件の場合には大家さんや管理会社も含めた相談が必要だという点です。現場の清掃だけではなくリフォームなどを含めたスケジュール、費用負担について話し合いが行われます。

 

今後の方向性が確定した段階で、特殊清掃業者との間で契約を締結し、現場の掃除を実施してもらいます。

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL480 キリスト教における遺品整理の方法と注意点

おはようございます。コラム担当のTです。

昨日は、角田の事務所にてコンテナへの対応をしております。人数はかかりますが、社員一丸となって行う作業には、

チームワークが要求されます。

今日は、キリスト教と遺品整理の方法に関してです。

(1)宗教物とは

遺品とは、故人の所有物などをいいます。

これに対して宗教物とは、信心用具ともいい、宗教に関わる物を指します。

仏教なら仏壇や位牌、神道なら神棚や御札、キリスト教なら十字架や聖書などが宗教物に当たります。

遺品と比べ、宗教物の場合はそれぞれの宗教との結びつきがそれだけ密接です。

そのため、故人が遺した宗教物の処分をどのように行うべきかが問題となります。

(2)キリスト教に関する宗教物の処分

仏教や神道では、宗教物の処分は「供養」として行われます。

他方、キリスト教ではゴミとして処分可能です。

なぜなら十字架や聖書などは、それ自体が信仰や礼拝の対象となるアイテムではなく、あくまでそれを介して紙に祈りを捧げる道具、媒介物でしかないためです。

キリスト教においても宗教物への祝福(祝別)を行うことはありますが、それもアイテム自体に聖性が宿るというより、身につける人への祈りに過ぎないものと考えられます。

ゴミとして処分できる以上、自治体のルールに沿った形での処理を行うようにしましょう。

(3)宗教物の処分で気をつけるべきポイント

キリスト教の宗教物の中には、宝石や銀飾のように高価な品物もあります。

そうしたものは、単なるゴミとして捨ててしまうのはもったいないと感じられるかも知れません。

ですが、金銭を対価として宗教物のやり取りをするのは、「聖品売買」に当たり、神への冒瀆に繋がるおそれがあります。

実際、教会も祝別したアイテムの売買を禁じているのです。

あくまでも世俗的な価値と宗教物の価値は別と捉え、きちんと砕くなりして処分をする必要があるという点に気をつけましょう。

 

今日の話題は、生活保護と遺品整理に関してです・

 

1.生活保護受給者の遺品整理を行うのは誰か

(1)生活保護制度の目的

まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。

これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(生存権)の実現に加え、自立支援を行うためのものです。 

(2)役所は面倒を見てくれない?

生活保護制度自体が生存権の理念に基づくものなので、受給者が亡くなった時点で役所からの保護やサポートは停止してしまいます。

ただし、ご遺体については、家族不存在や引取拒否の場合、役場にて火葬の後に合祀されるので、放置されるということはありません。

基本的に、遺品整理や特殊清掃に関しては、役所は面倒を見てくれないのです。

(3)基本的には親族が対応

役所の管轄外となる以上、遺品整理を行うのは原則として親族ということになります。

しかし、面倒を見てくれる親族が身近にいないからこそ、生活保護を受ける状況に陥っているわけであり、中には天涯孤独というケースもあるでしょう。

その場合、対応するのは以下のような者となります。

・(いれば)遠方の親族

・(マンションなどの場合)連帯保証人

・管理会社ないし大家

 

2.遺品整理と形見分け

(1)形見分けの方法と時期

形見分けとは、遺品を親族や故人の友人などに贈ることです。

その方法や時期は地域や宗教ごとに異なります。

仏式なら30~49日経過後であり、神式なら50日経過後というのが一般的です。

(2)キリスト教における形見分け

キリスト教では、上述のように形見という感覚は乏しいといわれています。

ただ、形見分けをするにしても、30日経過後に行うのが一般的です。

日本では命日から30日目、召天記念日に行うことが多いでしょう。

それ以外の基本的なマナーに関しては、その他の宗教の場合と特に変わるところはありません。

 

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL479 生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理は?

おはようございます。コラム担当のTです。

2月も終盤に差し掛かってきましたね。私は、改めて年上げてものが増えてきたので、お部屋チェックをしている今日この頃です。

 

今日の話題は、生活保護と遺品整理に関してです・

 

1.生活保護受給者の遺品整理を行うのは誰か

(1)生活保護制度の目的

まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。

これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(生存権)の実現に加え、自立支援を行うためのものです。 

(2)役所は面倒を見てくれない?

生活保護制度自体が生存権の理念に基づくものなので、受給者が亡くなった時点で役所からの保護やサポートは停止してしまいます。

ただし、ご遺体については、家族不存在や引取拒否の場合、役場にて火葬の後に合祀されるので、放置されるということはありません。

基本的に、遺品整理や特殊清掃に関しては、役所は面倒を見てくれないのです。

(3)基本的には親族が対応

役所の管轄外となる以上、遺品整理を行うのは原則として親族ということになります。

しかし、面倒を見てくれる親族が身近にいないからこそ、生活保護を受ける状況に陥っているわけであり、中には天涯孤独というケースもあるでしょう。

その場合、対応するのは以下のような者となります。

・(いれば)遠方の親族

・(マンションなどの場合)連帯保証人

・管理会社ないし大家

 

2.財産の相続と遺品整理の費用負担

(1)相続手続と相続放棄

生活保護の受給者と相続との関係は、2通り考えられます。

生活保護受給者の財産を親族が相続する場合と、生活保護受給者が親族の財産を相続する場合です。

 

①生活保護受給者の財産を親族が相続する場合

通常の相続手続に従うこととなります。

ただ、近時は相続放棄をする親族も少なくありません。

これは連帯保証人が高齢などで亡くなっていた場合、未納家賃などの債務が残っていることもあるためです。

相続した場合、原状回復(家財道具などの撤去や清掃)を管理会社ないし大家から請求されることとなります。

 

②親族の財産を生活保護受給者が相続する場合

この場合も、通常の相続手続に従えば済みます。

ただ、相続する財産の額によっては、生活保護が打ち切りになる可能性もあります。

というのは、生活保護を受給するための要件として、以下が存在するからです。

・生活に困窮する者であること

・世帯員全員が資産や能力その他あらゆるものを、最低限度の生活維持のために活用することを前提とすること

・それでも困窮しているが、生活を援助してくれる扶養義務者や扶助者がいないこと

遺産相続をした場合、生活維持のために活用できる財産を取得したため保護が不要となった、と解釈され、受給停止ないし廃止となるのです。

(2)遺品整理費用の負担者は?

生活保護費は受給者死亡時点で打ち切られます。

したがって、遺品整理に要した費用を生活保護費から捻出することはできません。

原則としては、親族・連帯保証人・管理会社や大家のいずれかが負担することになります。

 

3.生活保護受給者の遺品整理をする際の注意点

(1)葬儀と遺品整理

特に親族が生活保護受給者の葬儀を上げたり遺品整理をしたりする場合、費用に注意する必要があります。

高額な葬儀をあげたり業者への高額な支払いをしたりすると、生活保護費を不当に受給していたと見なされ、役所から返還請求を受けることもあるためです。

費用の高過ぎない業者を選ぶためには、きちんと相見積もりを取るのが大事です。

もちろん値段だけで選ぶのも良くありませんが、相場よりも高くなるところは避けたほうがいいでしょう。

(2)遺品整理と相続

また、遺品整理として、勝手に財産の処分をしてしまわないように注意しましょう。

財産処分をすると、相続財産を単純承認したと見なされて、相続放棄ができなくなるからです。

財産を精査した結果、負債のほうが多いことが判明した場合、思わぬ損失を被ることにもなりかねません。

財産の処分は、しっかりと調査を行った後にしましょう。

(3)不明な点がある場合には

生活保護受給者が亡くなって、どうしたらいいかわからない場合は、役所の窓口や、生活保護の担当をしているケースワーカーに相談するという方法があります。

また、遺品整理に関しては、専門の遺品整理業者に問い合わせをしてみるのも手です。

わからないままに遺品整理や手続を進めようとすると、トラブルが生じかねないため、お気をつけください。

 

 

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

特殊清掃

VOL461 遺品整理と相続放棄の関係性

おはようございます。

亡くなった人に借金などの財産がある場合、相続放棄を検討する人も少なくありません。相続放棄の最中の遺品整理には複雑な決まりがあり、手続き中は遺品に触れることは基本的にしてはいけません。正しい知識を身につけていなければ、相続放棄を否定することになってしまうことがあるため、正しい手順で相続放棄と遺品整理を進めていく必要があります。確実に相続放棄をするために、遺品整理について覚えておきたいことについて、確認しておきましょう。

相続放棄するなら遺品整理をしてはいけない

家族が亡くなったときに、必ず必要になるのが遺品整理という作業です。遺産の相続と相続放棄には深い関係があり、厄介なトラブルが起きるケースも少なくありません。相続が発生したものの借金などがある場合には、相続放棄を考えるケースも多いです。故人が借金を背負っていた場合、相続放棄をすれば、相続も遺産ももらえない代わりに、借金を引き継ぐこともありません。

相続放棄をする場合、遺品整理についていくつか覚えておきたいことがあります。その1つ目は、相続放棄をする前に、遺品の整理をしてはいけないということです。

遺品整理をすると相続を承認したことになってしまう

相続放棄が確定する前に、遺品整理をすることには注意が必要です。相続放棄については、一度でも相続を承認すると、それを放棄することはできなくなります。相続を放棄したいと思っているのに、遺品整理をしたことによって、相続を承認したとみなされる可能性があるため、相続放棄を検討されている場合は、遺品整理に先立って弁護士に相談するようにしてください。

経済的な価値がないものは問題なし

相続放棄をしていても、触ることのできる遺品もいくらかあります。亡くなった人がやりとりしていた手紙や大切にしていた写真など、経済的には価値がないものをもらうぶんには、問題ないとされています。

ほかのものを触っていないという証明ができるシチュエーションや、確実に経済的な価値がないというアイテムであれば、相続放棄をしていたとしても、もらうことができます。ただ、少しでも経済的な価値があるかもしれないものについては、隠匿する等を行うと相続を承認したものとみなされる可能性があります。

相続放棄したら遺品整理費用を負担するのは誰なのか

相続を放棄したら、遺産整理遺品の整理にかかる費用を誰が払うのかというのは、気になるポイントです。相続放棄をすることと、遺品整理の義務がなくなることは別問題です。相続人が賃貸契約の保証人などである場合は、保証人として明け渡し義務を負いますので、遺品整理を行う必要がある場合があります。また、放棄をしたとしても、財産の管理の義務は放棄できません。その場合、相続財産管理人を選任することで、遺品管理と整理を任せることができます。

しかし、この相続財産管理人の選任には、20万円から100万円の予納金がかかります。それに加え、実際に遺品整理の作業を行う人の人件費などの実費も必要となるでしょう。亡くなった人がものを大量にため込んでいたり、ゴミ屋敷で手間がかかってしまったりする場合などは、遺品整理の費用が足りず、追加請求をされる場合もあります。これは、裁判所によって指名された管理人からの請求なので、支払い義務があり、支払うことが避けられないものの1つです。

相続放棄しても遺品整理が必要になるケース

遺産相続を放棄すると、遺品整理をすることに慎重になる必要がありますが、相続を放棄しても、遺産整理をしなければならない特殊なケースもあります。それは、故人が孤独死で発見が遅れたケースです。

管理人の選定は可能

孤独死したケースでも、相続放棄をして相続財産管理人を選任することで、管理する義務はなくなります。しかし、管理人の選任中でも、現場の遺品整理・特殊清掃をせざるを得ない場合があります。

素早い対応が必要なケースも

孤独死で発見が遅れた場合、すでに遺体が腐乱してしまい、悪臭を放っていたりするというケースは珍しくありません。近隣の住民から苦情が来たり、虫が大量発生したりするなど、さまざまなトラブルが起きることもあります。相続放棄をするにしても、早急な対応が求められるため、遺品整理や特殊な清掃が必要になる例外もあるということを覚えておきましょう。

遺品整理における相続関連トラブルの防止方法

相続放棄をしようと考えている人でも、ケースによっては、遺品の整理や清掃が必要になる場合があります。そのときにトラブルを避けるためにおすすめなのが、遺品整理サービスを利用することです。遺品整理サービスを引き受けているところは、あなたの代わりに遺品整理をしてくれます。処分するものや保管するものなどの区別も必要なので、業者のサービス内容や評判、見積りをきちんと確認しておくことが重要です。

ポイントを押さえて確実な相続放棄を

意外と知られていないものの、相続放棄と遺品整理には深い関係があります。遺品整理をしたばかりに、相続放棄ができなくなったというトラブルは、正しい知識を持っていれば済むことができるトラブルです。大切な人を亡くした後に、さらなるストレスを抱えないためにも、事前の確認をしっかりと行いましょう。

 

そこで、本日は遺品整理について調べている方に、

遺品整理について理解を深めて頂くために、

遺品整理業者である弊社の知識と、

遺品整理に関する本や、ネットの情報をまとめて記事を作成いたしました。

是非、遺品整理でお悩みの方は、参考にしてみてください。

実績を実際にご確認したい方はぜひご確認よろしくお願い申し上げます。

あっ、チャンネル登録もよろしくお願いします!!

グッド!ボタンもよろしくお願いします!!

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。