トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 片付け豆知識

片付け豆知識

片付け豆知識

VOL14 空き家に関する話題をピックアップ

現在、
今後、、
ますます深刻な社会問題の一つとして、空き家に関する話題をお伝えさせていただきます。

空家に関する深刻な問題として「空き家の空き巣被害」があります。

宮城県内で空き家を狙った侵入窃盗(侵入盗)が増えている。今年の被害届の数は8月末時点で、統計を始めた2016年の63件に早くも並んだ。家主が亡くなるなどして放置された空き家の窃盗被害は家族や周辺住民も気付きにくく、県警は、貴重品を置かないなど対策を講じるよう、所有者らに呼び掛けている。

 県の直近の調査(13年10月)によると、県内の空き家は約9万6900戸あり、その後も増えている。
 県内の空き家の侵入盗被害(16年~18年8月)は表の通り。県警によると毎年、被害件数の6~7割は物的被害のない「窃盗未遂」で、現金以外に貴金属品や時計、テレビやパソコンなどが狙われやすいという。
 空き家侵入盗は、1件当たりの被害額が大きいのが特徴。仙台市泉区では16年に250万円相当の着物、17年は現金約120万円がそれぞれ盗まれた。今年も太白区で5月、現金約86万円が一度に奪われ、被害額を押し上げている。
 住んでいた親が死去し、離れて暮らす子どもらが片付けをしないままの家屋も標的になりがちだ。家族が数カ月~1年近く被害に気付かない場合が多く、犯人の特定が難しいという。
 過去3年の空き家侵入盗の被害は、住民の高齢化で空き家が増えた大型団地の多い仙台市が県全体の48~81%を占めた。
 県警捜査3課は「どの地域でも、戸締まりの徹底はもちろん、家の中にある物を把握し、定期的な見回りや近所への声掛けなど対策を万全にしてほしい」と注意を促す。

 

<引用>空き家の空き巣にご用心!宮城県内で増加、県警が注意呼び掛け「対策万全にして」
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181008_13018.html

<当社では、空き家の管理も行っております。>

■空き家を解体するよりかは、誰かに使ってほしい…

■空き家バンクのシステムがよくわからないので、どこに相談していいか分からない…

■放置状態の屋敷を何とか誰かに使ってほしい…

■屋敷内の物を全て買い取ってほしい… などなど ご不明点ご相談等ありましたら

お気軽にご相談ください。

<当社空き家管理について詳細>

https://www.tricleans.com/empty.html

本日もありがとうございました。明日からも頑張っていきましょう!!

 

弊社では、理念として「人のため」に全力で想いに応えられることを一丸となってサポートしてまいります。

資格画像

 

 

片付け豆知識

遺品整理業者の選び方

遺品整理の需要とともに業者も増加傾向にありますが、残念なことにモラルを逸脱した悪質業者も増えてきているのが 現状です。こちらでは、遺品整理業者の選び方についてご紹介しますので、お役立て頂ければ幸いです。

IMG_1100
 

地域密着型の業者か

業者を選ぶ際は、地域密着型の業者であるかを確認した上で、お選び頂くことをおすすめします。地域密着であるほど 相談もしやすいと思いますし、地域に特化した対策はもちろん、柔軟に対応してくれることも多いので安心してお任せできます。

電話だけで安請け合いしないか

実際に現場も見ずに、「○万円ですべて遺品処分・遺品処理ができます」という業者さんもいらっしゃいます。 簡単で分かりやすく、お任せしたくなる気持ちも分かりますが、後の追加で料金が何倍にも膨らんでしまうケースも 多いようですのでご注意下さい。また、見積もり内容が分かりにくい業者にも注意が必要です。疑問点、不明点は事前に必ず確認しておいて下さい。

適切に対応してくれるか

電話での受け答えの仕方も、お選び頂く際の重要なポイントです。曖昧な答え方や詳細な説明を嫌がるようであれば、 なるべく避けたほうが良さそうです。後に、説明の食い違いなどから追加料金やトラブルの発生に繋がりかねません。 見積もり後にあれこれと要望を出すのも、多額の追加料金の発生に繋がりかねませんので、控えたほうが良いでしょう。

資格を持っているか

故人様の大切な思い出を整理するため、遺品整理士認定協会による遺品整理士の資格を持った会社をお選び下さい。 遺品の取り扱い手順や法規制など、遺品整理に関わるあらゆる知識・技術を学んだ方が持つ資格です。 資格の保有の有無で、依頼する際の安心感が違います。

資格画像


 

片付け豆知識

遺品整理業者の選び方

遺品整理の需要とともに業者も増加傾向にありますが、残念なことにモラルを逸脱した悪質業者も増えてきているのが 現状です。こちらでは、遺品整理業者の選び方についてご紹介しますので、お役立て頂ければ幸いです。

IMG_1100
 

地域密着型の業者か

業者を選ぶ際は、地域密着型の業者であるかを確認した上で、お選び頂くことをおすすめします。地域密着であるほど 相談もしやすいと思いますし、地域に特化した対策はもちろん、柔軟に対応してくれることも多いので安心してお任せできます。

電話だけで安請け合いしないか

実際に現場も見ずに、「○万円ですべて遺品処分・遺品処理ができます」という業者さんもいらっしゃいます。 簡単で分かりやすく、お任せしたくなる気持ちも分かりますが、後の追加で料金が何倍にも膨らんでしまうケースも 多いようですのでご注意下さい。また、見積もり内容が分かりにくい業者にも注意が必要です。疑問点、不明点は事前に必ず確認しておいて下さい。

適切に対応してくれるか

電話での受け答えの仕方も、お選び頂く際の重要なポイントです。曖昧な答え方や詳細な説明を嫌がるようであれば、 なるべく避けたほうが良さそうです。後に、説明の食い違いなどから追加料金やトラブルの発生に繋がりかねません。 見積もり後にあれこれと要望を出すのも、多額の追加料金の発生に繋がりかねませんので、控えたほうが良いでしょう。

資格を持っているか

故人様の大切な思い出を整理するため、遺品整理士認定協会による遺品整理士の資格を持った会社をお選び下さい。 遺品の取り扱い手順や法規制など、遺品整理に関わるあらゆる知識・技術を学んだ方が持つ資格です。 資格の保有の有無で、依頼する際の安心感が違います。

資格画像


 

片付け豆知識

生前整理を行う必要性

近年、ニュースなどでも話題に上っている「生前整理」や「老前整理」。その名の通り、元気なうちに身のまわりのものを整理することで、いわゆる「終活」の一つとして行われています。

a18a5d2a452b557bd021d5de5df22ffe_s
 

どうして生前整理を行うの?

生前整理は決して死を意識して行うものとは限りません。ただ、片付けや整理には時間と体力が必要になりますが、 年を重ねるごとにどうしても気力と体力が低下してしまい、ものを捨てるという決断がしづらくなります。だからこそ、気力と体力、判断力のあるうちに不要なものは捨てたり売ったり、譲ったりして、整理しておくことが望ましいのです。

残された家族のために

一昔前までは、衣類や家具などは親から子どもへと受け継がれていくものでした。壊れていても修理して長く 使い続けることが当たり前でしたが、ものがあふれている現代では、その風習はあまり見られなくなっています。 大型家具の需要も減り、洋服の流行もあっという間に変化するため、子どものためを思えば処分してしまったほうが良いという考えも広がっています。 また、家族にわざわざ遺品整理のために時間やお金をかけさせたくないという考えから、生前整理を行う人も増えています。遺品がたくさんあるほど、残された家族は片付けに労力を費やしてしまうからです。

自分自身のために

思い出の詰まったものを処分するのは勇気のいることですが、大切なものだからこそ、ご自身の手で整理したいと 思うのではないでしょうか。例えば、趣味で集めていた美術品や骨董品などは、その価値が分かる人へと譲りたいものです。また、高齢になると施設に入居したり、子どもと同居したり、家をバリアフリーに改築することもあるかもしれません。その時に持ち物が多いと引越しも大変で、ゆっくり整理する時間がないことも考えられます。処分してしまって後悔するよりも、自分のペースでやりたいように行える生前整理で、残りの人生を身軽に楽しんではいかがでしょうか。

資格画像


 

片付け豆知識

不用品回収を依頼するメリット

引越しや大掃除などを行うと、電化製品や大型家具といった様々な不用品が出てきます。個人宅はもちろんですが、 事務所の移転や閉店に伴う不用品の処分に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 名取市にある当社では、片付けのプロとして不用品を回収するほか、骨董品買取や廃車買取、重機買取なども承っています。プロへ不用品回収を依頼することで、次のようなメリットが得られます。

about_09

自治体よりも回収できる品目が多い

不用品回収は自治体でも行っていますが、家電リサイクル法やパソコンリサイクル法などにより指定回収が決められて いるものや一部大型家具・家電など、回収不能用品も多く定められています。一方、不用品回収業者の場合 有害物質や引火性物質、異臭のするものを除いたほとんどの不用品を回収することができます。

仕分けの必要がない

自治体でゴミの回収をする場合、燃えるゴミの中に燃えないゴミなどが入っていると自治体では回収してくれないため、 分別する際には多少手間がかかってしまいます。不用品回収業者へ依頼する場合は分別は全く必要ありません。 細かい分別は代わりに行います。そのため、面倒な仕分け作業の手間が省けます。

指定の場所へ運ぶ手間がない

大型の家具や家電を自治体に回収してもらうには、粗大ゴミ回収シールを購入し、指定場所まで運ばなくてはいけません。 この作業は女性や高齢者の方にとっては非常に重労働であり、不用品の数が多ければ多いほど労力を要します。その点、不用品回収業者は、自宅やオフィスまで来て不用品を運び出すため、余計な労力をかけなくて済みます。

好きなタイミングで行える

引越しや大掃除で出た不用品は早めに回収してもらいたいものですが、自治体の不用品回収は日時が指定されているため、 そのタイミングに合わせる必要があります。でも不用品回収業者なら、希望する日時が指定でき、迅速に対応するため 衛生面でも安心です。

資格画像