トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 遺品整理

遺品整理

遺品整理

VOL429 遺品整理の最近よく頂く質問をまとめてみました。

おはようございます。コラム担当のKです。

すっかり寒くなりましたね。今朝、車に乗ろうとしたら、フロントが凍っていて、運転するまでに10分程度かかりました。こんなじきなったのかぁといった感じです。

コロナウィルスも第三波といわれている状況ではありますが、今後も気を付けて過ごしていければと思います。

 

トリプルクリーンサービスでは、日々皆さんの不用品片付け、遺品整理、生前整理、特殊清掃のおてつだいをさせて頂いております。そのなかで特に遺品整理では、よくご質問されることがありましたのでこの機会にまとめてみました。

 

  • Q,作業後に追加料金が発生することはありますか?

    A,追加料金等発生することは一切ありません。
    しっかりとした金額をお出しするために、お客様にはお見積りに伺うお時間を頂戴しています。
    ご納得いただいてから契約致しますので、料金は無料見積もり時に算出させて頂いたものから増加することはございません。

  • Q,提示された見積りよりも安い業者がいるのですが

    A,万一、同一の作業内容で他の業者様が弊社よりも安かった場合には遠慮なくスタッフまでお申し付けください。
    お見積書をご提示いただけましたらその金額より相談させていただきます。
    また、同一の金額でも他の遺品整理業者様よりもより質の良い遺品整理サービスをご提供できるよう、遺品整理

  • Q,電話だけで正確な見積もりは出せますか?

    A,おおよその費用はお電話やメールで算出可能です。
    正確な金額につきましては、お伺いして家の状況を確認してからの算出を徹底しております。
    お客様の信頼と安心を第一にと考えておりますのでこの点ご容赦くださいませ。
    お見積りには無料で伺いますのでお気軽にお問い合わせください。日にち・時間指定など、可能な限りお客様のご都合を優先しております。

  • Q,他社にも見積り依頼していますが見積もりお願いできますか?

    A,他社様で見積もりされた方も、お気軽にお見積りご依頼下さい。
    大切な遺品の整理ですので、じっくりご検討いただければと存じます。
    また万一他社様のお見積もりより弊社の提示額が高かった場合も即時対応させて頂きますのでお気軽にご相談くださいませ。

 

 

  • Q,週末でも大丈夫ですか?

    A,もちろん、対応いたします。
    しっかりとした金額をお出しするために、お客様にはお見積りに伺うお時間を頂戴しています。
    ご納得いただいてから契約致しますので、料金は無料見積もり時に算出させて頂いたものから増加することはございません。

  • 提示された見積りよりも安い業者がいるのですがご都合にあわせて遺品整理日の設定が可能です。

  • Q,どのような物まで対応できますか?

    A,故人様のお宅にある物全てに対応可能です。
    細々した生活用品・雑貨・思い出の品などはもちろんのこと、家具家電、植木、車両など、ありとあらゆる物の整理を致します。
    大型家具の搬出や、物置の撤去など、大がかりな作業も弊社の経験豊かな遺品整理スタッフは安心丁寧・迅速安全に行います。
    また、「処分するには忍びない」故人の愛用品や仏具、人形などは供養も致します。
    お宅自体のご相談なら専門の不動産屋のご紹介までサポートします。
    幅広いサービスで一件一件のご要望に寄り添った遺品整理をご提案しておりますので、何なりとご相談くださいませ。

  • Q,ハウスクリーニングはお願いできますか?

    A,もちろん可能です。お気軽にお申し付けください。
    また、買取対象の車両も多く設定しております。
    買い取れる場合は遺品整理費用から減額、または現金買取にて対応させて頂きます。

  • Q,地方に住んでる為、立ち会えないのですが?

    A,もちろん遺品整理可能です。身分証明書の写しと委任状を送っていただき作業させていただきます。
    遺品整理前後のお宅の確認はビデオや写真にてしていただけます。
    また、遠方でなくとも「遺品整理が精神的に辛い」「体が不自由などの理由で遺品整理できる遺族がいない」といった場合でも委任状により遺品整理させていただきますのでご相談下さい。

  • Q,分別作業はどうすればいいですか?

    A,基本的には遺品整理スタッフが分別作業を行ないます。御客様に面倒な手間は掛かりません。
    ご一緒に作業を進めたい方は故人様を偲びながらゆったりとご遺品と向き合って下さいませ。
    遺品整理スタッフが勝手に作業をすすめることはございません。全てご遺族に確認しながら整理を進めますのでご安心ください。

  • Q,雨の日は作業出来ますか?

    A,作業内容によっては止むを得ず変更する場合も御座いますが、御客様と相談の上行なっております。
    遺品を濡らさないために梱包を耐水のものに変えるなど、対策はご用意しておりますので担当スタッフとご相談をお願い致します。

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

  •  

遺品整理

VOL428 宗教の違いと遺品整理の方法に関して

おはようございます。

本日は、土日が休みで、月曜日。明日も祝日で休みのため、今日を休みにしている人も多いのではないでしょうか。

本日、別件仕事のためたまたま仙台方面に足を向けたのですが、アーケードを通ってみると、GOTOトラベルキャンペーンを利用した観光客が増えているような気がします。ガラガラ(アタッシュケースを動かす)を引く人も多かったようです。

 

さて今日は、宗教の違いと遺品整理について少しお話ししてみたいと思います。

 

仏教や神道は日本人に比較的馴染み深い宗教と言えるでしょう。

しかし近時は信仰も多様になってきており、故人がキリスト教やイスラム教といった宗教の教徒だというケースも決して珍しいものではなくなっています。

とりわけキリスト教は地域に根ざした教会も日本中にあり、平成29年版の文化庁『宗教年鑑』によれば、その信者数は191万4196人に上ります。

では、故人がキリスト教徒だった場合、遺品や宗教関係物の処分はどうすべきなのでしょうか

 

(1)仏教や神道とキリスト教

故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。

基本的に宗教物は供養し、お焚き上げなどを行うこととなるでしょう。

たとえば仏教ならお仏壇は閉眼供養を経て焼却処分となりますし、神道なら神棚はお焚き上げをし、御札は神社へ返納するわけです。

ところが、キリスト教では事情や手順が異なります。

葬儀は教会や葬儀所で行われるところ、遺品や宗教物の整理についてはキリスト教の考え方と密接に関連してくるためです。

(2)キリスト教の考え方

キリスト教では、カトリックでもプロテスタントでも「人が死んだら、その肉体は土に還る」と考えます。

そのため、形見という感覚は他の宗教と比べて乏しいとされているのです。

キリスト教圏においては、日本のように遺品を棺の中に入れるというのも一般的ではありません。

ただ、値打ち物の時計や背広などを親から子へ譲り渡すという風習はあるため、これらが思い出を繋ぐ品となっている面はあるでしょう。

(3)キリスト教の遺品整理

仏教や神道の遺品整理に時としてお寺や神社が関わるのに対し、キリスト教での遺品整理は教会が行うわけではありません。

キリスト教式の葬儀社から遺品整理業者を紹介してもらうのが一般的です。

また、キリスト教には相互の助け合い精神が見られます。

そこから、教会での活動などを行っていた方の場合、信者たちがボランティアとして遺品整理を手伝うこともあります。

遺品の整理は、いつどのように行うかといった判断を含めて何かと難しいものです。

中でも、宗教に絡む物はとりわけ配慮を要するでしょう。

キリスト教は仏教や神道と比べ、死への考え方や捉え方も異なります。無用のトラブルを避けるためにも、思い込みでの処分は避けるのが無難でしょう。

宗教物の遺品整理や形見分けについてお悩みの場合は、専門の遺品整理業者やお近くの教会などにご相談なさることをおすすめします。

 

 

* 一般社団法人地域統括支部
遺品整理士認定協会認定
遺品整理士認定 第IS02504
*         

* 一般社団法人地域統括支部
事件現場特殊清掃センター
事件現場特殊清掃士認定 第CSC01109
*         

* 一般社団法人地域統括支部
事件現場特殊清掃センター
遺品整理士認定 第CSC01109

 

本日はご依頼を頂きまして有難うございました。

作業の一部はYouTube動画でご覧出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=qjVFDE26SOs&feature=youtu.be

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

遺品整理

VOL409 特殊清掃の流れを改めてご説明いたします。

おはようございます。WEBコラム担当のSです。明後日からは連休ですね。何をしようか迷っています!!!!!

今日は特殊清掃に関して

 

 

遺品整理は親族が亡くなった時、必ずすることの一つです。その際にトラブルに巻き込まれないように遺品整理の代表的なトラブルとそれをどのように取り廻せばよいのか事前に学びましょう。

 

【遺品整理時によくあるトラブルと対処法】

まず、遺品整理をする際に故人に借金がある場合は注意が必要です。

遺品整理では遺産相続を考えなければなりません。

その場合は借金という負の財産を差し引いた限定承認か遺産相続を拒否する相続放棄をします。

相続放棄した場合家庭裁判所からの承認なく遺品整理をしてしまうと相続放棄をしたと見なされずトラブルのもとになります。

きちんと承認されてから遺品整理を行うようにしましょう。

故人の方が賃貸に住んでいた場合、遺品が少なければよいのですが物が多く、親族も遠方に住んでおり遺品整理することが大変な場合もトラブルの原因となります。

 

価値がわからない品が残されている場合もトラブルの一因です。

これらのトラブルを少しでも回避するために遺品整理を業者に依頼することをお勧めします。

しかし、そこでも料金に関するトラブルに合わないために業者に相見積もりを取り、それぞれの業者に相見積もりを取っていることを伝えましょう。

追加料金が発生しないか?

 

確認を取っておくこともトラブルを回避するためには重要です。

また、遺品整理で投棄と買取でのトラブルも後を絶ちません。

整理したものを不法投棄したり、適正な価格で買い取りを行わない業者もあるので注意が必要です。

業者とトラブルが起った際にはマナーを守り毅然とした態度で対応して下さい。

 

【遺品整理をスムーズに行うには】

 近所に親族がいる場合は親族総出で片付けを行うとスムーズに遺品整理が行うことができます。

遺品整理は引っ越しと同じです。

事前に自治体のゴミ収集センターにゴミ持ち込みを申請しておくと円滑に遺品整理をすることができます。

また、最近は遺品整理を行ってくれる業者もたくさんあります。

価値があるものとそうでないものが混在していて親族で片付けるのが大変な場合も、遺品整理専門の業者に任せておくと安心でしょう。

しかし遺品整理業者とのトラブルも頻繁に発生しています。

ネットの口コミやランキングなどを利用し信頼できる業者に依頼しましょう。

 

【生前整理を心がけよう】

「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」ではありませんが終活を考えるような年齢になった場合には自分の身辺は、ある程度整理しておくように心がけましょう。

後に残された孫や子供が遺品整理で大変な思いをすることを考えれば生前整理をすることも意義深いものです。

何かのコレクターの方は目録を作ってそのコレクションを死後どうするか遺言に残しておくと、遺品整理もトラブルなく行うことができるでしょう。

【まとめ】

親族が亡くなると遺品整理は必ずしなければなりません。

遺品整理を全て親族でスムーズに行うことができればよいですが、遺品整理にトラブルはつきものです。

世間にはたくさんの遺品整理業者があります。

その業者に依頼するのも一手です。

しかし、その業者も冷静な目で見極めなくてはいけません。

 

後で高額な追加料金を請求してきたり、遺品を本当は高い価格で買い取ってもらえるのに安い価格で買い取ったり、そのようなトラブルを回避するためにも信頼できる遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

またそこではトラブルに巻き込まれないための資料を出しています。

それらの情報をうまく活用し、ネット上での口コミなどで信頼をおける業者を選定し依頼することが遺品整理をトラブルなく行う近道と言えるでしょう。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

遺品整理

VOL408 遺品整理時によくあるトラブルとは?対処法は?どんなこと

おはようございます。WEBコラム担当のTです。実は初めてのブログです。今までは現場でせっせと作業をしていたのですが、この度コラムにも参戦することなりました。引き続きよろしくお願い申し上げます。 

 

遺品整理は親族が亡くなった時、必ずすることの一つです。その際にトラブルに巻き込まれないように遺品整理の代表的なトラブルとそれをどのように取り廻せばよいのか事前に学びましょう。

 

【遺品整理時によくあるトラブルと対処法】

まず、遺品整理をする際に故人に借金がある場合は注意が必要です。

遺品整理では遺産相続を考えなければなりません。

その場合は借金という負の財産を差し引いた限定承認か遺産相続を拒否する相続放棄をします。

相続放棄した場合家庭裁判所からの承認なく遺品整理をしてしまうと相続放棄をしたと見なされずトラブルのもとになります。

きちんと承認されてから遺品整理を行うようにしましょう。

故人の方が賃貸に住んでいた場合、遺品が少なければよいのですが物が多く、親族も遠方に住んでおり遺品整理することが大変な場合もトラブルの原因となります。

 

価値がわからない品が残されている場合もトラブルの一因です。

これらのトラブルを少しでも回避するために遺品整理を業者に依頼することをお勧めします。

しかし、そこでも料金に関するトラブルに合わないために業者に相見積もりを取り、それぞれの業者に相見積もりを取っていることを伝えましょう。

追加料金が発生しないか?

 

確認を取っておくこともトラブルを回避するためには重要です。

また、遺品整理で投棄と買取でのトラブルも後を絶ちません。

整理したものを不法投棄したり、適正な価格で買い取りを行わない業者もあるので注意が必要です。

業者とトラブルが起った際にはマナーを守り毅然とした態度で対応して下さい。

 

【遺品整理をスムーズに行うには】

 近所に親族がいる場合は親族総出で片付けを行うとスムーズに遺品整理が行うことができます。

遺品整理は引っ越しと同じです。

事前に自治体のゴミ収集センターにゴミ持ち込みを申請しておくと円滑に遺品整理をすることができます。

また、最近は遺品整理を行ってくれる業者もたくさんあります。

価値があるものとそうでないものが混在していて親族で片付けるのが大変な場合も、遺品整理専門の業者に任せておくと安心でしょう。

しかし遺品整理業者とのトラブルも頻繁に発生しています。

ネットの口コミやランキングなどを利用し信頼できる業者に依頼しましょう。

 

【生前整理を心がけよう】

「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」ではありませんが終活を考えるような年齢になった場合には自分の身辺は、ある程度整理しておくように心がけましょう。

後に残された孫や子供が遺品整理で大変な思いをすることを考えれば生前整理をすることも意義深いものです。

何かのコレクターの方は目録を作ってそのコレクションを死後どうするか遺言に残しておくと、遺品整理もトラブルなく行うことができるでしょう。

【まとめ】

親族が亡くなると遺品整理は必ずしなければなりません。

遺品整理を全て親族でスムーズに行うことができればよいですが、遺品整理にトラブルはつきものです。

世間にはたくさんの遺品整理業者があります。

その業者に依頼するのも一手です。

しかし、その業者も冷静な目で見極めなくてはいけません。

 

後で高額な追加料金を請求してきたり、遺品を本当は高い価格で買い取ってもらえるのに安い価格で買い取ったり、そのようなトラブルを回避するためにも信頼できる遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

またそこではトラブルに巻き込まれないための資料を出しています。

それらの情報をうまく活用し、ネット上での口コミなどで信頼をおける業者を選定し依頼することが遺品整理をトラブルなく行う近道と言えるでしょう。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

遺品整理

VOL407 デジタル遺品って何?

おはようございます。WEBコラム担当のSです。今日はいい天気ですね・・・最近は雨が続いていたこともあり、少し晴れやかな気分になりそうです。

 

デジタル遺品とは、主に故人がスマートフォンやパソコンなどを使用していた際に遺される、デジタル機器やインターネット上に残したデータのことです。それを本人の死後に整理することを「デジタル遺品整理」といいます。

一昔前まで聞かなかったワードですが、最近ではこのデジタル遺品の取り扱いに困る方が増えています。

デジタル遺品の取り扱いのトラブルが発生する背景にはパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器が、高齢者の方にも浸透したことがあります。

目に見える遺品は生前から意識しますが、パソコンやスマートフォンに保存してある写真、SNSやブログは常に目に見えるわけでは逝去した後に遺族が取り扱いに困るなどトラブルになってようやく気付くこともあります。

 

デジタル遺品は、スマートフォンやパソコンを使用していれば遺るものであると認識しておくべきものであり、どのようなものが自分のデジタル遺品になるのかも、本人が把握しておくことをおすすめします。