トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 遺品整理

遺品整理

遺品整理

VOL296 あなたの家はゴミ屋敷になる可能性がありませんか?

おはようございます。

今日の投稿も在宅勤務のNです。今月の31日から「AI崩壊」という映画が公開されるとのことです。AI崩壊とはどういう映画なのか木になるところですね。

実際に車や住まいなど、高価なものほど、AIが進んでいるような気がします。遅れを取らないように情報だけはキャッチしていきたいと思います。

 

ゴミ屋敷って何だろう…??

家の敷地内または、室内に地面から天井まで捨てるに捨てれなくなったゴミが埋め尽くされているような状態で足の踏み場がないほど散らかっている状態の家をごみ屋敷と言います。今も昔も、このようなゴミ屋敷と化した家が急増しており、深刻な社会問題にもなっています。

 

「ごみ屋敷」が社会問題になっていることをご存知ですか??

一度は、TVまたは、身近で見たことある方はいらっしゃるかと思います。このゴミ屋敷は、社会問題となっていることをご存知でしょうか?下記にゴミ屋敷に関する問題を列記してみました。

 

ゴミ屋敷の社会問題

    ■たまりにたまったゴミから自然発火して大きな火災が発生!

 

    ■ゴミ回収日にきちんとゴミを捨てず、自宅内に放置し、そこから悪臭を放っている!

 

    ■住居人に何でも収集する癖があり、あらゆるものを集めて景観を悪くしている!

 

    ■家の敷地内から溢れたゴミを道路にはみ出ている!

 

    ■劣悪な環境の敷地内にゴキブリ・蠅・害虫やネズミなどが大量発生!(不衛生状態)

遺品整理

VOL294 遺品整理トラブルを回避するには

おはようございます。在宅勤務のNです。今日はずれ込んでしまいましたが、今日は早めに投稿です。不用品のご依頼は大きいものから小さいものまで多岐に渡りますが、少しでも多くのことをとりくんで行けるように効率化を考えながら進めています。(ちょっと紹介)

 

遺品整理になかなか手が付けられない方は多いと思います。遺品整理には、人手が必要ですし、処分するのかどうか判断することも簡単ではありません。しかし、遺品整理を先延ばしにすればするほど、様々なトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

 

空き家がゴミ屋敷に

例えば、親が物を捨てられない人だった場合、大量の物を溜め込んでいるおそれがあります。また、空き家に不法投棄をする方が増えていると言われており、敷地内がゴミだらけになってしまうことがあります。ゴミがゴミを呼び寄せて積もることで、より片付けの手間が掛かるため早めに整理することが大切です。また、空き家は放火されることがあり、木造住宅でゴミが散乱している家だと被害が大きくなってしまう危険性があります。こうしたトラブルを回避するために、遺品整理は早めに行うようにしましょう。

 

価値のある物が盗まれる

遺品には処分する物と、形見分けとして親族や個人と親交のある知人で分けることがあります。遺品整理では、必要な物と分ける作業とそれを分配する作業があるのですが、これを遅らせてしまうと価値のある物を勝手に持って行かれることや、空き家になっているのを見計らって泥棒が侵入して持ち去ってしまうかもしれません。形見は一般的な価値以上に故人との思い出が詰まった、この世に2つとない物なので、どのように分配するか早めに決めることをおすすめします。

遺品整理

VOL293 遺品整理の時期っていつ?

 

おはようございます。在宅勤務のNです。年始は、当社もバタバタしているため、ブログを書ける人間が少ない状況です。私が時間を見つけて書くようにしております。

最近、テレビで、昨年はやった「パプリカ」の栽培に特化した農業法人が宮城県内にあることを知りました。すごく肉厚で甘いとのことです。一度食べてみたいと思いました。

 

 

遺品整理はいつ行うべきか?処分を始める時期に悩む方は多いようです。

故人に対して悲しみが深く残っているうちは、遺品整理を行う必要はありません。ただし、家屋の退去や引越しなどで期限が決まっている場合は、早めに対応することをおすすめします。

 

特に期限が決まっていない場合は、49日や100日供養などを区切りにして遺品整理を行うとよいでしょう。一周忌、三回忌などの年忌で区切っても構いません。故人の冥福を祈りながら整理を行えば、供養としての役割も果たすかと思います。

故人の物を捨てることに対して、罪悪感がある方もいるかと思いますが、遺品を整理することで遺族の気持ちの整理につながることもあるでしょう。

 

遺品整理のタイミングは人それぞれ

お葬式や法要の直後は、行わなければならない作業も多く忙しくなります。忙しい間は慌てて遺品整理を行う必要はありません。落ち着いた時期を見計らって、少しずつ遺品整理をしましょう。

また、残された家族が悲しみから立ち直れない間は、遺品整理を急かさず気持ちの整理がつくまで、ゆっくりと時間をかけて待つことが大切です。

 

遺品整理

VOL292 遺品整理と不用品回収について

年が明けると何か新しいことを始めなくちゃと思いますよね。

 

おはようございます。在宅勤務のNです。私は、自分の時間を毎日2時間確保することで、

1週間で12時間、1ヶ月で48時間、1年で、576時間を利用して、なんとか自分のやりたいことを進められるようにしたいと感じております。

 

とりあえずやれることをやっていこうと思います。

 

故人の遺品整理を業者に依頼する場合、遺品整理業者と不用品回収業者、どちらにでも依頼することは可能です。ここでは両者の違いや具体的な整理方法の違いについてご紹介します。家族の残した遺品を整理・処分する方はそれぞれの違いを知って、正しく整理してください。

 

遺品整理業者に依頼する

遺品整理とは故人の残した品物を、残しておくものと処分するものに分けて整理することを指します。

遺品は故人が大切にしていたものや思い出の品など、捨てにくいものが多いかも知れません。しかし、すべてを残しておくと場所も取りますし、いつまでも気持ちの整理がつかないこともあります。本当に大切なものだけ残しておいて、その他の遺品については処分しても決して悪いことではないと思います。

 

遺品整理を遺品整理業者に依頼する場合、まず捨てずに残しておくものと処分するものにより分けます。この作業はできる限り親族の方が同伴してください。どうしても同伴することが難しい場合は、実際に処分する前に必ず残すものと処分するものの詳細を業者に伝えておいてください。

 

故人のよく身に着けていたもの、人形、手作りの品などは処分しにくいと感じる人が多いものです。こういったものは、寺社で供養をしてもらうことができます。

遺品整理業者に依頼をすれば、代行して寺社できちんと焚き上げ(かがり火で供養)を行なってもらえます。他人の遺品と合わせて供養する合同供養になることが多いようですが、心置きなく処分することができるでしょう。

仏壇仏具、御札、神棚などの供養についても、遺品整理業者が供養の代行を行ないます。

 

遺品をしっかりと供養してから処分したいと考えている方は遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

 

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、主には一般の不用品やゴミの回収、処分を行なう業者です。不用品回収業者に遺品整理を依頼することも可能です。

まずは、遺品整理業者と同じく残しておくものと処分するものに分別しましょう。これもできる限り、親族の方が同伴することをおすすめします。

処分するものに関しては業者がまとめて回収します。回収した不用品は、通常の粗大ゴミなどと同じように処分されます。この場合は供養などは一切行なわれません。

供養は必ずやらなければいけないものではありません。遺品に供養は不要と感がえる人もいるでしょう。その場合は、一般の不用品として処分してよいでしょう。供養がない分、一般的に遺品整理業者よりも費用が安くすむことがメリットです。

 

供養はしたいけど、できるだけ費用を安く抑えたい場合も不用品回収業者はおすすめです。遺品の分別を自分で行ない、供養の必要のない遺品は不用品回収業者に依頼し、供養するものは自分で寺社で供養に持ち込めば遺品整理業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

遺品整理

VOL289 相場のご相談も受付中!~お焚き上げとは?~

おはようございます。今日はイチゴの日ですね。

みなさんミガキイチゴはご存知ですか。

食べる宝石と言われるミガキイチゴは宮城県山元町で栽培されているイチゴです。

こんな日はちょっとお高いですが美味しいイチゴはいかがですか。

 

お焚き上げとは・・・

 

故人の遺品を整理した際、“不用だけど捨てることができないもの”の処分に困るケースは多くあります。故人が大切にしていた愛用品や写真、人形、お守り、宗教用具などは、そのまま捨てるには抵抗があるものです。

 

そのような時に利用するのが、「お焚き上げ」です。お焚き上げは遺品を供養する方法の1つで、必要としない状況になった時に感謝の気持ちを込めて天に送り出すための儀式です。

 

日本では、思いを込めたものには気持ちが宿ると考えられてきました。故人の遺品は早めに処分することが供養に繋がり、一般的には四十九日がタイミングの目安となっています。

 

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。