トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > 遺品整理

遺品整理

遺品整理

VOL353 遺品整理を行うタイミングってどんな時?

おはようございます。梅雨になり一気に寒さが戻ったような気がします。コロナの影響も徐々に出てきていてwithコロナが色濃く出ているような気がします。

さて今日は遺品整理について

遺品整理を行うタイミングは大まかに

  • ①故人の住居が持ち家の場合

  • ②故人の住居が賃貸の場合

  • ③遺品整理を行う人が家族の場合

  • ④遺品整理を行う人が家族以外の人の場合

の4つに分けられます。

持ち家の場合は落ち着いて遺品整理できるのに対して、賃貸の場合は次月の家賃を支払う前に遺品整理を行う必要があります。

また、孤独死の遺品整理のタイミングも特殊です。この記事ではそれぞれのケース毎に遺品整理を行う最適なタイミングを考えます。

遺品整理のタイミング・持ち家の場合と賃貸の場合

本来の遺品整理は故人を偲びながら、故人の遺志を尊重してゆっくり時間をかけて行うものが最善です。

ところが、故人の住居が賃貸の場合は家賃がかかることと、契約者が亡くなった場合は退去を迫られる場合が出てきます。

それぞれのケースで最適な遺品整理のタイミングを考えましょう。

持ち家の場合

故人の住居が持ち家の場合は比較的、落ち着いて遺品整理を行なうことができます。

故人を偲びながら故人の遺志を尊重してゆっくり時間をかけて遺品整理を行なうことができますが、遺品整理の1つのタイミングとして考えられるのが法要に合わせてのタイミングです。

一般的には四十九日が最も遺品整理のタイミングに適していると考えられますが、相続がない場合は一周忌・三回忌が遅すぎるということはありません。

ただ、遺品整理は故人の遺志を尊重することが大事ですが、同時に遺族の意志も大事です。

故人の長男と長女の意見が食い違うこともあるでしょうし、残された妻の意見が異なることもあります。

ですので、四十九日などの法要で遺族が集まる時期に話し合いながら遺品整理を行うのも良い方法です。

賃貸の場合

故人の住居が賃貸の場合は家族と一緒に住んでいるかどうかで事情が異なります。

ご家族と一緒に住んでいた場合は、家族がそのまま賃貸物件を借り続けられるのであれば急ぐ必要はありませんが、故人がおひとりでお住いだった場合は、急がなければなりません。

基本的に賃貸家賃は一月毎に支払われます。

例えば、借主が家賃支払いをした月の半ばより以前に亡くなられた場合は月末までに遺品整理を終え、部屋の引き渡しを行えばそれで終了です。

しかし、借主が月末近くに亡くなられた場合、遺族が翌月分まで支払い、ある程度余裕をもって遺品整理、及び部屋の引き渡しを行うのが一般的です。

これは葬儀を含めて様々な手続きを行わねばならない遺族には、精神的な負担と相まって大きな負担となってしまいます。

故人が賃貸で一人暮らしの場合は遺品整理の時間が限られますから、専門業者に依頼することも選択肢の1つです。

遺品整理のタイミング・家族の場合と家族以外の人が行う場合

通常は故人の遺族が遺品整理を行ないますが、最近は独居老人が増えており家族以外の人が遺品整理を行なうケースも増えています。

家族が遺品整理を行なう場合とパートナーなど家族以外の人が遺品整理を行なう場合を分けて説明していきます。

家族の場合

家族が遺品整理を行なう場合は、法要に合わせて四十九日など家族が集まった時に遺品整理を行なうケースが多く見られます。

家族としては四十九日までに後片付けを終わらせて故人に報告したいという思いが働くからで、遺品整理を行うタイミングとして多くの人が考える考え方です。

また、最近の傾向として葬儀終了後に遺品整理を行い、故人の住居の明渡しまで済ませる方が少なくありません。

核家族化が進むことで遺族が遠方から来ていますから、葬儀後に何度も集まることができないからです。

家族が行う遺品整理のもう1つのポイントは相続税の申告と納税の問題で、まず、家族間で話し合い円満な形で相続することが求められます。

また、預貯金や株式・貴金属・不動産等の相続税の課税対象になるものは、10ヵ月以内に申告・納税をしないと重加算税がかかってしまいます。

ですので、それまでに相続と遺品整理を済ませることが必要です。

家族以外の場合

身寄りのない方の遺品整理の場合、マンションオーナーや管理会社の方が代わりに整理をおこなわなければならない場合があります。

マンションを管理されている場合は、次の借り手に貸さない限りその部屋の家賃収入が無くなる為、早く整理しなくてはとなります。

しかし、気を付けなければならないのが整理し荷物を廃棄した後に遺族が見つかった場合、無断で財産を処分されたと訴えられる訴訟リスクが発生します。

このような事態にならないように他人の遺品整理をおこなう場合は事前に弁護士に相談して訴訟リスクが発生しないような手続きをおこなった後に整理をおこなうようにしましょう。

遺品整理

VOL339 遺品整理で高く売れるもの一覧!また、高く売るコツは?

金属品(指輪、アクセサリー、金歯なども…)

シルバーの指輪やアクセサリーなどは買取をしてもあまり値段がつかないのですが、金を使ったものであれば高価買取をしてくれます。

金は資産価値が落ちないと言われていることもあり、故人によっては金塊として所持している方もいらっしゃいます。

金はアクセサリー以外にも金縁メガネや故人の金歯などにも含まれており、破損しているアクセサリーでも金によっては溶かして再利用することもあるので、高価買取が可能な品目です。

プラチナ製品

プラチナ製品も貴金属と同様、非常に高価買取をしてくれる品目です。

プラチナは主にアクセサリーに使われることが多いのですが、高価な万年筆のペン先にも使われていることもあります。

仏像・仏壇

仏像や仏壇は、コレクターや骨董品の愛好家がいるので綺麗な状態のものだと高価買取が可能です。

お鈴や線香立てといった部分には金や銀が使われており、仏具が揃っているとより高く買取をしてくれます。

仏像には宗派があり、如来や菩薩などこれ以外にもございますが、買取の査定には特に影響を受けません 。

また仏像や仏壇を親族に継承する場合は特に気にする必要はないのですが、廃棄したり買取ってもらったりする場合は、魂を抜くために供養が必要です。

個人で行う場合は供養をするために近くの寺院に問い合わせをして、運搬しなければいけないので大変ですが、遺品整理専門業者に買取を依頼すると、供養から搬出までをすべて行ってくれます。

面倒な手間が省けて高価買取をしてくれるので、仏像や仏壇の処分は遺品整理専門業者に依頼するのがおすすめです。

着物

洋服は古くなれば古くなるほど値段がつかないのですが、着物は年代に関わらず珍しい柄や種類によって、高値で買取ってもらうことが可能です。

その中でも大島袖は、職人が1枚1枚作り上げていくので希少性が高く、湿気や汚れにも強いこともあり、着物愛好家が多くいます。

他には西陣織も、通常の着物よりも高値で買取してくれます。

着物は虫食いや破れがあっても、リメイクすることができるので買取ってくれる可能性が高いです。

破棄する前に一度専門業者に相談してみましょう。

骨董品

骨董品は製造から100年以上経過した美術品や工芸品のことを指し、掛け軸や壺など様々な種類がございます。

素人だと価値がわからないことが多いのですが、専門業者に依頼してみると想像以上に高い値段になることも。

また箱ありで作者や年代がわかっていると、さらに高値で買取ってくれる可能性が高いです。

模造した作品の場合は値段がつかないこともあるので、専門家に一度見てもらうと良いでしょう。

ブランド品

ブランド品は古いものでもコレクターがたくさんいますので、高値で買い取ってもらえる可能性がございます。

ルイヴィトンやロレックスといった知名度の高いものであれば、モデルによっては購入した金額よりも高値で売却できる場合も。

デザインが昔から変わっていないものや、箱や保証書なども揃っていると高価買取できる可能性が高いです。

趣味・嗜好品

一見すると買取できないような故人が集めていた嗜好品なども、高値で買取してくれることもあります。

基本的には状態が綺麗で、年式が古くなればなるほど高値になる可能性が高いです。

おもちゃ

開封品か、未開封品かで大きく買取の価格が変わってきます。

テレホンカード

アイドルやアニメ、競馬がデザインされたテレホンカードはプレミア価格になることも。

切手

製造が古いものや、記念に発行されたプレミア切手は10万円以上で買取られうものもございます。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

遺品整理

VOL337 遺品整理は業者に依頼したほうが良い?

一昔前までであれば、遺品整理の作業に関しては、遺族の方々が協力して行うという手法が一般的でしたが、近年では、遺品整理を専門とするサービスの登場もあり、遺品整理作業をそういった業者に代行してもらうという方が増加していると言われています。
それでは、ご家族の遺品整理を専門業者に代行してもらう人は、どういった人で、またどういった理由があるのでしょうか?さらに、こういった部屋の片づけを代行してくれるサービスには『不用品回収業者』なるものもありますが、こういった業者と遺品整理業者は何が違うのでしょうか?

自分で遺品整理の時間がとれなくても大丈夫

遺品整理は「不要なものを片付けるだけだから簡単に終わるだろ!」と考えている方は少なくありません。しかし、実際に遺品整理作業をしてみると、まだ使えそうな物も多いため「どこまで処分すれば良いのか…」と迷ってしまったり、書類関係で必要なものと不要なものを分けるのに手間取ってしまう…など、予想していた以上に時間を取られてしまうということが多くあります。
このような場合には、「少しづつ片付ければ良い…」などと考える人もいますが、毎週末、実家の遺品整理に自分の時間を費やさなければならない…という状況が続けば、徐々にその作業がストレスに感じてしまうこともあるでしょう。さらに、賃貸住宅の場合であれば、部屋を解約関係の問題もありますので、平日の仕事終わりに無理やり時間を取らなければならない…なんて状況になってしまうこともあるのです。
このような「自分で整理するのでは時間がかかり過ぎる…」という問題から、遺品整理作業に慣れている専門業者に依頼するケースが増えているのです。遺品整理業者に依頼すれば、自分の時間を使うこともなく、あっという間に部屋の片づけが終了するのが大きなメリットです。

 

まとめ

今回は、遺品整理を専門業者に依頼することのメリットについてご紹介しました。本稿でご紹介したように、近年では、もともと遺族の方々が行っていた遺品整理を代行してくれるサービスが登場しており、徐々にこのサービスを利用する方が増えていると言われています。遺品整理は、一見すると不要になったものを処分するだけですので、大した時間をかけることなく、誰でも簡単に終わるものだと考えられがちです。しかし実際には、必要なものと不要なものの仕分けであったり、とても遺族だけでは処分できないような大型家具があったりと、時間も労力も必要になるのです。
 
こういった場合には、専門の遺品整理業者に作業を代行してもらうのがオススメです。遺品整理業者は、不用品回収業者などとは異なり、きちんと遺族の気持ちに寄り添って作業を進めてくれます。また、経験豊富な遺品整理士であれば、遺族では見つけることができないような隠れた遺品などを発見してくれることもありますので、心残りなく遺品の整理が完了すると思います。
なお、遺品整理サービスを依頼する場合には、「遺品整理士」という資格を持ったスタッフがいる会社に依頼するのがオススメです。遺品整理士という資格は、厳しい試験がありますし、取得後も協会の基準に反する行為を行うと資格はく奪までされる非常に厳格な資格のため、遺品整理専門のスキルを持っており、遺族に対する心配りができる証でもあるのです。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

遺品整理

VOL334 遺品整理のこんな業者は悪徳業者

本日は、遺品整理についての業者に関してのお話。

ここ数年、遺品整理を専門に行う業者の数が増え続けています。遺品の仕分けから査定・買い取り、清掃や廃棄処分までを一手に請け負う大手の遺品整理業者から、査定や買い取り、廃棄、清掃それぞれの専門業者と提携している業者までさまざまです。

チェックすべき、遺品整理に関わる許可証の種類

遺品整理業には業界の成長に伴って、リサイクル業者、廃品回収業者などが参入するケースが増えています。中には何の資格もない便利屋なども遺品整理を請け負っている場合があるので、遺品を扱うのにふさわしいかどうか、いくつかの資格を確認する必要があります。

遺品整理を専門に行う資格として「社団法人 遺品整理士認定協会」の認定する「遺品整理士」があります。

遺品に関する法的な知識から、遺品の仕分けの方法、処分の方法などを習得している確かな証拠になります。見積もりを依頼したら、現場確認に来た担当者の名刺に遺品整理士と記載されているかどうか確認しましょう。

遺品は、買い取りやリサイクルに回せるもの以外は廃棄処分となりますが、廃棄を行える業者かどうかの確認も必要です。先に述べたような不法投棄をされてはたまりません。

正規の業者は、「一般廃棄物収集運搬許可証」を所有しています。都道府県の市区町村単位で許可をしているもので、一般家庭から不要品を回収できる資格です。

リサイクルショップなどが持っている資格に「古物商許可証」があります。都道府県ごとの警察が発行している、中古品の買い取りと販売のできる資格です。中古品買い取りを前提とした資格なので、遺品の処分を有料で請け負うことはできません。廃棄処分すべき物があるときは、一般廃棄物収集運搬許可証も併せて持っている業者が安心です。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

 

遺品整理

VOL333 遺品整理と不用品処分の違い

遺品整理業者に依頼する

遺品整理とは故人の残した品物を、残しておくものと処分するものに分けて整理することを指します。
遺品は故人が大切にしていたものや思い出の品など、捨てにくいものが多いかも知れません。しかし、すべてを残しておくと場所も取りますし、いつまでも気持ちの整理がつかないこともあります。本当に大切なものだけ残しておいて、その他の遺品については処分しても決して悪いことではないと思います。

遺品整理を遺品整理業者に依頼する場合、まず捨てずに残しておくものと処分するものにより分けます。この作業はできる限り親族の方が同伴してください。どうしても同伴することが難しい場合は、実際に処分する前に必ず残すものと処分するものの詳細を業者に伝えておいてください。

故人のよく身に着けていたもの、人形、手作りの品などは処分しにくいと感じる人が多いものです。こういったものは、寺社で供養をしてもらうことができます。
遺品整理業者に依頼をすれば、代行して寺社できちんと焚き上げ(かがり火で供養)を行なってもらえます。他人の遺品と合わせて供養する合同供養になることが多いようですが、心置きなく処分することができるでしょう。
仏壇仏具、御札、神棚などの供養についても、遺品整理業者が供養の代行を行ないます。

遺品をしっかりと供養してから処分したいと考えている方は遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、主には一般の不用品やゴミの回収、処分を行なう業者です。不用品回収業者に遺品整理を依頼することも可能です。
まずは、遺品整理業者と同じく残しておくものと処分するものに分別しましょう。これもできる限り、親族の方が同伴することをおすすめします。
処分するものに関しては業者がまとめて回収します。回収した不用品は、通常の粗大ゴミなどと同じように処分されます。この場合は供養などは一切行なわれません。
供養は必ずやらなければいけないものではありません。遺品に供養は不要と感がえる人もいるでしょう。その場合は、一般の不用品として処分してよいでしょう。供養がない分、一般的に遺品整理業者よりも費用が安くすむことがメリットです。

供養はしたいけど、できるだけ費用を安く抑えたい場合も不用品回収業者はおすすめです。遺品の分別を自分で行ない、供養の必要のない遺品は不用品回収業者に依頼し、供養するものは自分で寺社で供養に持ち込めば遺品整理業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

希望に合った業者選び

遺品整理の際は、信頼の出来る業者を選ぶようにしてください。供養や整理の仕方を事前に詳しく説明してくれる業者を選びましょう。また、不用品回収業者の中にも供養も行なう遺品整理サービスを行なっている業者もあります。
ご自身にあったサービスを行なっている業者を選びましょう。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。