トリプルクリーンサービス

遺品整理・空き家片付け隊

フリーダイヤル0120-210-121 受付時間9:00-19:00

お問い合わせ

ホーム > コンテナ輸出

コンテナ輸出

コンテナ輸出

VOL282 あなたの不用品を海外でリユースするには?

おはようございます。やはりいくら家をきれいにしていても、こどもがいると物が多くなってしまうのはしょうがないものなのでしょうか。

服やぬいぐるみなどが一番多いような気がします。おもちゃや文具は最終的に壊れてしまう場合もあるので処分考えますが、服やぬいぐるみに関しては、なかなか捨てきれずにここっていることは多いような気がします。

 

良くも悪くも不用品の海外リユースは、環境保全・新興国の技術発展に貢献する。

ちょっと難しい話しになりますが、海外リユースすることは、日本にとってマイナス面もあります。

それは、機械製品などが特にそうなのですが、日本の技術の詰まった製品が海外に輸出されることにより、その技術が盗まれるということです。

 

今や日本<中国というように、中国は急速に経済発展しました。

中国は、世界の工場となり技術力を伸ばしていきましたが、輸入した日本製品を分解、修理することで技術を身につけていったという側面もあります。

 

そう。輸出された国は、日本の技術を確実に吸収しているのです。

 

ただ、日本は物が溢れ、そして物があまり、供給過多になっている状態です。買い替えなどで古くなった商品をすぐに捨ててしまいます。

 

それを考えると、不用品を廃棄して跡形もなくするのではなく、海外リユースしてあなたの不用品を有効活用してもらえる国で再利用する。これは、地球環境を考えると良いことでもあります。

 

まだまだ海外リユースについての話は続きます。

私たちの不用品はどこの国でリユースされているのか、順番に見ていきます。

 

洋服

日本人の背格好などの関係もあり、タイ・カンボジアなどに輸出されることが多く、相手国の気候もあり、冬物の洋服は輸出そのものが厳しいことが多いです。

また、アフリカなどにも輸出されることがありますが、こちらも日本人の背格好の関係で、日本の大人サイズの洋服は、アフリカの子供向けに提供されます。

 

家具

タイ・カンボジア・フィリピンなどが主要国です。相手国で日本の家具が販売されてリユースされていくのですが、向こうで売れなかったり、在庫過多になると輸入制限がかかるので、日本から家具の輸出ができなくなる時期があったりします。

日本だけでなく、海外でもしっかりと需給のバランスを取っているのですね。

 

家電製品

ベトナム・カンボジアが最近良く耳にする国です。

ベトナムは最近経済の発展が著しく、このように新興国の度合いが強ければ強いほど家電製品を求められるようです。また、古びた中古家電というより、良質な中古家電を求めてくるのも特徴です。

 

おもちゃ・ベビー用品・雑貨・食器など

こちらはタイ・カンボジア・フィリピン・ベトナム・アフリカなど、輸出国全般で需要があります。

また、需給がかなりある割に、日本からあまり量が集まらないのが特徴で、需要に供給が間に合っていないのが現状です。

 

こういった細かな不用品は、個人で簡単に捨てられるものなので、海外輸出をしている業者まで回りにくいことがあげられます。

 

このように、日本の不用品は国内で仕分けされ、海外へ輸出されることで活躍しています。

コンテナ輸出

VOL270 お知らせ 不用品を海外へ輸出しております。

「大量廃棄」という問題と真摯に向き合い、「廃棄しない」ことを実現できるのが不要品海外リユースです。
環境に優しいことはもちろん、輸出先でも価値あるモノとして使っていただけます。
トリプルクリーンサービスでは、お引き取りさせていただいた中古品・不要品の中で、国内では流通するのが難しいモノを、東南アジア諸国に輸出を行っています。

お客様から回収した不要品の中には、まだまだ使用出来たり廃棄するのが勿体無いものもあります。
トリプルクリーンサービスでは、カンボジアの首都プノンペンに、リユースショップを出店しており、直接現地のお客様に販売をしています。

倉庫に保管されている在庫や、引越し等に伴う不要品など、今まで処分費を支払って処分していたようなモノでも、買取りさせていただくことが可能となります。
優れた技術先進国でもある日本の製品は、頑丈・安全・使いやすいなど海外から非常に人気を得ています。
トリプルクリーンサービスは、お客様から回収した不要品を価値あるモノとして海外に輸出して利用してもらうことで、循環型社会を目指します。

 

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

コンテナ輸出

VOL215  不用品を海外に寄付するときは下記をご注意ください。

不用品の寄付は大きな社会貢献といえますし、不用品回収業者に頼むより安く済むことも多いため、双方にメリットがあるといえます。

ただし、「じゃあ不用品が増えてきたし寄付をしよう!」と安易に決断をすることは避けてください。寄付する前に注意すべき点を解説していますのでご覧ください。

詐欺団体にはご注意ください。

寄付を装って詐欺を行うのは道徳的にも許せないことではありますが、寄付団体を装い商品を回収して、それを売りさばくことで利益を得ようとする団体がいることも事実です。

ただし、寄付を行っている団体というのは大きな組織や名の知れた組織が多いため、滅多なことがない限りは詐欺団体と接触することは無いでしょう。

要注意なのは、電話やメール、直接訪問や駅前などでの呼びかけを行っている場合です。その中には詐欺団体が混ざっている可能性もありますので、一度インターネットで検索したり、どういう団体なのか情報を探すことが大事だといえます。

回収業者にご注意ください。

ふたつめは利用者側についてです。寄付団体を利用する際は「不用品が誰かの役に立つならいいな」と思って利用されることが多いでしょう。

ですが、利用者側のメリットとして不用品回収業者を利用するより安く済むということが挙げられています。これによって本来の寄付という目的を忘れて、安く処分できるからよいと不用品処分だけを目的に行ってしまうことは避けましょう。

もちろん日本で不用なものが海外ならとても役に立つということをお伝えしましたが、本当に寄付して喜ばれるものなのか考えることを忘れてはいけません。

ボロボロだったり、壊れているものを寄付という名目を使って安く処分してもらおうと考えて寄付団体の方を利用することのないようにしましょう。

まとめ

不用品を寄付するということはとても素晴らしいことです。あなたのいらなくなったものは、世界中のどこかでは不足していて喉から手が出るほど欲しいものかもしれません。

ご紹介した団体や調べて見つけた団体の思いや活動内容を閲覧してみてください。そうすればどんな不用品なら喜ばれるのか、どんな人たちを助けたいのかが分かります。その気持ちを忘れずに不用品を寄付することで、あなたに救われる人々はたくさんいますし、あなたの日常にもちょっとした幸せが訪れるのではないでしょうか。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

コンテナ輸出

VOL211.<第3弾>断捨離できる人、断捨離できない人

 

断捨離できる人の特徴

断捨離できる人は、物を処分することに対してあまり躊躇しないのが特徴です。

物を捨てずにとっておけば、いつか役に立つ時が来るかもしれません。しかし、その機会は永久に来ない可能性もあるのです。それでもそれは、あなたにとって必要なものですか?断捨離できる人は、「今後もきっと使うことはない」と先を見通した判断ができる人です。自身で目標を設定し、それに向けて行動することができる人というのも断捨離ができる人の特徴です。

断捨離ができない人は、現状で頭の中がいっぱいで、先のことがなかなか考えられない人です。「今の自分」と「なりたい自分」を想定し、どのような過程をたどれば「なりたい自分」にたどり着けるのか。断捨離は選択と実行の繰り返しで、人生と似ているところがあります。まずは、小さな目標を立てましょう。「この引き出しを片付ける」、「同じ種類の雑誌だけまとめる」といった小さな目標を少しずつクリアしていくことで、成功体験が生まれ、何をするべきか、それを実行するためには何が必要なのかが見えてくるようになります。

 

断捨離できない人の特徴

断捨離できない人の特徴としてまず挙げられるのは、自信のなさです。

自分のやることに自信が持てないと、何をやるにしても、常に不安を抱えています。よって、要らないとわかっているものが家にあっていても、それを本当に処分していいのか気持ちが揺らいでしまうのです。さらに、自信が持てない人は物だけでなく人間関係の断捨離も苦手としています。断捨離ができる人は、苦手な人や面倒な人との付き合いは自分にとって意味がないことだとわかっているので、表面的な付き合いに切り替えたり、付き合いを控えるようにすることができます。しかし、断捨離ができない人は、不安やイライラを感じながらも苦手な人との人間関係をうまく切ることができないのです。

良くも悪くも物や人への執着心が強いことも断捨離できない人の特徴です。それはどうしてもあなたの人生に必要なモノですか?その人はあなたの人生にとって意味のある人ですか?一つの見方や考え方にこだわり過ぎず、少し違った角度から考えてみるだけで全く違ったように見えることがあります。憑き物が落ちたように、「あ…私にとって必要ないかも」と思えるようになるかもしれません。

断捨離できない人は、他人を意識しすぎる癖がある人も多いです。他人からどう見られているかを気にするというよりは、周りと同じであることに注力してしまうタイプです。判断基準が「周りと同じかどうか」なので、どうしても自分がどうありたいかを考える習慣がないため、いざ決断が必要な場面になると動けなくなることがあります。「次の休みは何をしよう」、「自分から友達を誘ってみる」というような、小さな決断をする習慣は人生にも断捨離にもいい効果をもたらすはずです。

処分に悩んだら不用品回収業者の助けを借りましょう

物を捨てるのが苦手な方は、作業の取っ掛かりがつかめずにどこから手を付けていいかわからないことも多いでしょう。

なかなか思い切ることができなかったり、取りかかったもののあまり進まずに時間だけがかかってしまった…などという方は、不用品回収業者に処分を依頼するのも一つの方法です。不用品回収業者を利用するメリットは、何でもまとめて処分してくれることです。量が多かったり、動かすのが大変な大型の不用品があるために手を付けられない人もいるでしょう。処分するかどうか思いきれなくても、業者に来てもらうことで決断をせざるを得なくなるので、思い切って処分することができたという声も聞きます。不用品回収業者への依頼を決めるのも決断の一つです。思い切って前に進んでみませんか?

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。

 

コンテナ輸出

VOL210.<第2弾>寄付を受け付けてもらえないケース

寄付を受け付けてもらえないケース

 

いくら不要品を寄付するといっても、あまりに傷んでいるものやゴミ同然のものは常識としてやめましょう。

物品の種類・量・サイズなどは団体によって変わってくるので確認が必要ですが、多くの団体で共通してNGになっているのが液体です。輸送途中でこぼれてしまったり、比較的早く劣化してしまうおそれがあるからです。食品でいえば醤油やソース、文房具でいえばインクや墨汁、化粧水や香水などはやめておいた方が無難です。

オフィス用品が大量に余っているからといって寄付を考えるのも注意が必要です。ファイルやバインダーは資料の整理をした時などに大量に出るので捨てるのがもったいない気持ちもわかりますが、あまり需要がありません。カレンダーやプラスチックケースなど、一般家庭でもオフィスでも余りやすいものは寄付を受け付けている団体でも余らせていると考えられるので送るのは控えましょう。

衣類に関しては受け付けている団体も多いですが、送り先の国がわかっている場合は現地の気候や文化に合ったものを送りましょう。例えば、暖かい国では冬服の需要はありませんし、宗教が関連しているような絵柄や文字が入っているような服は選ばない方が無難です。

家電製品も一部受け付けている団体はありますが、国によって電圧に違いがあるため現地で使えるかどうかわからないことと、そもそも電力が安定して供給されていない地域も多いので国外よりも国内への寄付であれば需要があるかもしれませんが、確認が必要です。

資格画像

片付けをする事で、不思議なもので普段の日常的な生活が 大きな変化をもたらしてくれます!

弊社のスローガンである「人のため」「地域のため」「社会のため」使命を持って立ち向かいます。

まずはご来店、電話相談、承ります。

本日は有難うございました。

●ゴミ屋敷・家・納屋・蔵・店・会社・倉庫・物置・ガレージ・庭・遺品・屋根裏・ネコ屋敷・孤立死などの

不用品処分・ゴミ片付け・ゴミ処分・ゴミ1点 1部屋~家ゴミまるごと低料金で片付け致します。

●不用品処分・ゴミ処分・ゴミ片付け・引越ゴミ片付け・引越不用品片付け・粗大ゴミ片付け 承ります。

●家ゴミ片付け・店ゴミ片付け・いらなくなった不用品片付け・溜まりすぎたゴミ片付け・すぐに処分したい

ゴミ片付け・ゴミ屋敷片付け・不用品処分片付け・孤立死の現場片付け・事故現場片付け・ゴミ処分片付け

承ります。